« つよよわい | トップページ | ともない、はなるる »

2007年5月 1日 (火)

2007年5月のことば

  Dscf0262_1
  絵心(えごころ)がなくても絵は描けるけれど
  物語(ファンタジー)がなければ人生は描けない

宗教に幸せを求める人が多いようだけれど、宗教は幸せなんか与えてはくれない。だけど、物語を与えてくれる。
「無宗教です」「無信心です」と言う人がいる。宗教を信じていなくても、生きていくことはできるでしょう。そう、絵心がなくても絵が描けるように。でも、やはり描きたいものがなければ、絵を描くのも嫌々になってしまう。絵を上手に描く必要はないけれど、楽しく描きたい。人生だって、上手に生きる必要はないけれど、楽しく生きたい。
楽しく生きるとは、欲望が満たされるという意味ではない。それって、虚しくないですか? たとえその瞬間は楽しくても。
宗教を、私の都合に合わせて求めてしまう。悩みを解消してほしい。欲望を満たしてほしい。答を与えてほしい。
ほしいほしいほしい…求めたとおりのものが得られなかったら、ポイッ。仮に得られたとしても、お役ごめんでポイッ。
宗教の方が、私の人生に寄り添っているのに、私は捨ててしまう。そんな自分勝手な私なのに、宗教は、教えは、私を捨てない。

南無阿弥陀仏とお念仏称えれば阿弥陀仏の国に生まれられる。

お釈迦さまは母マヤ夫人の右脇から生まれ、七歩歩き、「天上天下唯我独尊」と言った。

今の境遇に耐えて頑張れば、次の世では良い所に生まれ変わることができる。

イザナキ・イザナミが、日本列島を形成する島々を生み出した。

聖母マリアの処女懐胎。
キリストの復活伝説。

これらはすべて物語です。何も信じない人にとっては、鼻で笑ってしまう話でしょう。しかし、これらの物語によって、人間はより鮮やかな人生を描いてきました。鼻で笑えることですか? 物語を持たずに生きていることの方が、鼻で笑われてしまうことではないですか?

私にとっての物語(ファンタジー)
毎月発行しているこの寺報「よくことばが見つかるね」「よく毎月書けるね」「よく続けられるね」と、よく言われます。自分でもそう思いますが、寺報を書くときには、阿弥陀さんが後押ししてくれるんです。「さ、書こうか♪」って。
    
このような会話をしたことがあります。
「副住職、阿弥陀さんってなに?」
「私が生きているということです」
「それが阿弥陀さんですか」
「そうです、阿弥陀さんです」
「それが阿弥陀さんなら、死んだ人は阿弥陀さんから見捨てられたことになるん じゃないですか」
「どうして亡くなられた方を、生きていることと切り離して考えるのですか?  生があっての死、死があっての生。亡き人も、今を生きているじゃないですか。私のこころに。それに、阿弥陀さんは誰も見捨てません」
「分からないなぁ…」
   
「阿弥陀さんは私が生きていることだ」って感得したとき、私の中に阿弥陀さんが生まれました。いや、すでに私の人生に阿弥陀さんがいたのです。だからこそ阿弥陀如来を感じられた。いつも一緒。つまり、生きていることそのことが阿弥陀さんなのです。
生が終わり死があるのではなく、生の延長に死がある。阿弥陀さんはいつまでも私とともにあり続けるのです。寺報は、その物語の表われです。
  
共感してもらえなくてもいいんです。物語は、人の数だけあるのだから。
物語の中身は、幸せばかりではない。けれど、物語は物語として成り立っている。だからこそ、自分のスピードで一歩一歩歩むことができる。だからこそ安心して生きていける。だからこそ人生が鮮やかになる。
楽しく生きるとは、物語を生きること。物語は、人が考え出すのではない。すでに物語の中を人は生きている。そのことに気付かせてくれるのが宗教。日々のひとつひとつの出来事に意味があることを教えてくれる。
   
Dscf0264 Dscf0263
(付記)
西蓮寺門前にある掲示板。その掲示板に、月替わりで人形を飾っています。
5月は、可愛い鯉のぼりと柏餅の人形を飾っています。
田崎 由紀子様より今月のお人形をちょうだい致しました。ありがとうございます。

« つよよわい | トップページ | ともない、はなるる »

コメント

そうですね。
私にない多様性を求めてる私も、物語の一部なんですね。
ありがとうございます。

人生って人それぞれの描き方が出来るんですね。
誰かに似せる必要もないし、誰かをうらやむ必要も無い。そんな感じがしました。

☆tanukiさん こんばんは
誰もが物語の主人公です。

☆たかさん こんばんは
みんながそれぞれに絵を描いているのに、
それらの絵が交差し、交じり合い、それでいて独立している。
不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つよよわい | トップページ | ともない、はなるる »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ