« 同じ一日でも… | トップページ | わかっちゃいるけど »

2007年3月27日 (火)

岐路

人生には大きな節目や転機がある。
どの道を選ぶか。
迷う…迷う・迷う・迷う……で、また迷う
迷うのは当たり前。人生に答はないのだから。ということは、すべてが答えでもある。
どの道を選ぼうか。易い道か困難な道か。近道か遠回りか。好きな道か苦手な道か。行くか戻るか。とどまるという道もあるだろう。道なき道を新たに切り開くか。
ざっと書いてみただけでも、いろいろな道があるものですね。
さぁ、どの道を選びましょう。

私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。
            岡本 太郎

岡本太郎さん、格好いいです。私もかくありたい。
だけど、他人(ひと)に困難な道を勧めるのは無責任。一緒に付き合うっていうなら兎も角。
それに、「易い道か困難な道か。近道か遠回りか。好きな道か苦手な道か」って書いたけど、予めそんなことが分かっていたら、迷わないし、苦労もしない。歩き出してみたら、易いことも困難なこともあり、近道だったり遠回りだったりするわけで、歩みだす前にそんなことは分かりはしない。

人生の節目や転機、迷った末に歩き出したこの道だけど、いつかフト考えてしまう。
「あの時あっちの道を選んでいたらどうなっていただろう…」「あの時あぁしてたら…」「あの時あんなことしなければ…」
さて、どうなっていたことでしょう。多分、同じようなセリフを吐いていることでしょう。
どの道を歩んでいても、別の道を歩いた場合のことを考えてしまう。でも、別の道なんてないんです。
わが人生はひとつしかない。今私が歩いている道しか。

この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。
                        武者小路 実篤

人生に分岐点があるわけではない。
人生という道は一本道なのだと思う。
ただ、道は凸凹しているのだと思う。迷いという穴に落ちたり、困難という石につまづいたり、人生を振り替えさせるための大きな切り株があったりするんだろうな。

« 同じ一日でも… | トップページ | わかっちゃいるけど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同じ一日でも… | トップページ | わかっちゃいるけど »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ