« わかっちゃいるけど | トップページ | 2007年4月のことば »

2007年3月30日 (金)

やらなければならないこと

植木 等さんのお話をもうひとつ。

「スーダラ節」を歌うことを悩まれた植木さん。でも、父である住職のひと言で歌うことを決意された。
そして、このように述懐されています。
スーダラ節は人生というものを分からせてくれた。自分がやりたいことと、やらなければならないことは別なんだと、教えてくれました
(『この歌 この歌手』読売新聞文化部編)

やりたいことをすることも大事です。やりたいことのほうが熱心にできるということもあります。
でも、たとえ自分の想いとは違っても、“やらなければならないこと”は人生の方から突きつけられるものです。
しかも、“やらなければならないこと”は、苦しみ哀しみと共に突きつけられるものだと思います。そこから逃げようと思えば逃げられるかもしれない。でも、突きつけられた“やらなければならないこと”は、この私だからこそ突きつけられるのです。私のための“やらなければならないこと”なのです。

「やり甲斐・生き甲斐」探しが流行っているようですが、それは自分がやりたいことを探しているにすぎません。で、自分自身やりたいことが分かってないのだから、「やり甲斐・生き甲斐」も見つかるはずがありません。
それに、なにをやっても「やりたいことと違う」と言い訳して逃げてしまうことでしょう。

やらなければならないこと
「逃げようと思えば逃げられるかもしれない」と書いたけど、逃げてはいけないこと、逃げられないことなのだと思う。それに、逃げることによって“やらなければならないこと”だったということが、よりハッキリすることでしょう。
人生、いや、阿弥陀如来から私への要請なのだから。

« わかっちゃいるけど | トップページ | 2007年4月のことば »

コメント

昭和を代表する顔がまた一つ消えて行きましたね、心からご冥福をお祈り致します。

☆toshikiさん はじめまして
親しい仲間・苦楽を共にした仲間がひとりふたりと先立ってゆく。残された者の、そのときの気持ちは、どのようなものなのだろうか…
植木さんが亡くなられたニュースが速報で流れた瞬間、驚きと淋しさと共に、そういうことを思っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わかっちゃいるけど | トップページ | 2007年4月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ