« らしさ | トップページ | 愛を育む »

2007年3月20日 (火)

堂々と死ぬ(ルビ…いきる)

最近西蓮寺に墓地を求められた方がお参りにいらっしゃいました。
その方のお家は、まだどなたも亡くなられていないのですが、生前からお寺とお付き合いしておきたいという想いがあって、墓地を求められました。そういう意味では、急いで墓地が必要というわけではありません。

その方が半分悲しそうに、半分呆れた感じで言われました。
『副住職、友達に墓地を買ったって言ったんです。そうしたら、なんて言ったと思います? 「まだ誰も死んでないのに墓地なんて買ったら、あの世から呼ばれるわよ!! やめなさい」ですって。そんなことないですよねぇ』

はい、そんなことないです。
それを証明する術はないけれど、墓地を求めることと寿命の長短に関係性はまったくありません。
仮に、墓地を求めた直後に亡くなられても、それはその人の寿命だっただけのこと。墓地を求めてからも長生きしたとしても、それも、関係はないこと。
 
お墓とか、法事とか、生き物の生き死にに関することって、どうして「あれはダメ、これはダメ」っていうことが言われるのだろう。
粗末にしてはいけないことだけど、「あれをしたから、こうなった」「あれをしなかったから、こうなった」って言っても、まったく関係性のないこと。
そういうことがまことしやかに言われるのは、そういうことを言われて不安に思うのは、
「いのち」あるものは、いつか「いのち」終えるという、当たり前のことを当たり前のこととして生きていないから。
死に向かって歩いている。怖いですか?不安ですか?自分には関係ないことですか? でも、誰にも平等に訪れる真実です。
真実から目を逸らしていると、「○○をしたらすぐ死ぬ」とか「○○をしなかったから死んだ」とか、なんの根拠もないことに惑わされてしまいます。
 
自分の中で迷信に縛られているだけなら仕方ないけど、他人にまで「お墓買ったら呼ばれるよ」なんて言うのは、いかがなものかと思います(さて、何に呼ばれるというのでしょう?)。
 
さぁ、堂々と、死に向かって生きてください。

« らしさ | トップページ | 愛を育む »

コメント

最近は死に急ぐ若者が増えていることが問題となっていますが、死を厭い怖れる人間が多いことは昔から変らないことのようですね。もし死を厭うべきこと、怖れるべきことだとしたら、全ての人間の生涯は生まれた瞬間から敗北へと向かい、最悪の破局へと向かうことが定められている惨劇以外の何物でもないことになるでしょう。「死もまた我らなり。」お念仏をいただける受け難き人身を受けたことが有り難いです。

☆やすさん こんばんは
いかがお過ごしですか?
今日はお彼岸のお中日。たくさんの方がお参りにみえました(お昼ご飯にありつけたのは午後3時過ぎでした)。

「死もまた我らなり」
“生きてるものは死ぬ”という道理としての「死もまた我らなり」ではなくて、
「自己とは何ぞや」という問いを内包している身の事実だと感じています。最近。

人身…“お念仏を受けがたき”人身なんですね。
それなのに、お念仏称えることが出来る有り難さ、不思議。
南無阿弥陀仏

かつさん、こんばんは。
人の生き死にのことに関して、どうして人にあれやこれやと言われなければいけないのかと、いつも悲しく思っていました。
大切なものを亡くして一番悲しく思っている人に対して、家の建て方のこと、植えている木のこと、法事のお返しのこと・・・思いつく限りのことを話してくる・・・。
かつさんのブログを読んで、いつも救われたような思いになります。
大切なのは、逝ってしまった人を思う心なんですよね。

☆manatsuさん こんばんは
「思いつく限りのことを話してくる」人は、
或いは心底心配してくれてるのかもしれない。
或いは自己満足してるだけかもしれない。
どういう想いであれ、悲しい状況にある人に対する思いや想像力が欠けている気がします。
「今どんな気持ちかな」「今はそっとしておいてあげよう」「声はかけないけど、いつもそばにいるからね」
想いが伝わらないこともあるし、間違っていることもあるでしょう。正しい・間違ってるが問題ではなくて、相手の気持ちに思いを馳せるということを忘れたくはない。
それに、家の建て方や植えてる木と、人生の方向はなんの関係もないです。
 
「いつまでも逝ってしまった人に対する思いにとどまってはいけない」と言う人もいるでしょう。
でも、思い続けていいと思うのです。泣き続けていいのです。
亡き人を忘れて前に進むのではなく、亡き人と共に歩むのです。いや、私の歩みには、多くの先人が道を示してくださっているのです。
その声を聞いていきましょう。外野の声は、そんなに気になさらずに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« らしさ | トップページ | 愛を育む »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ