« 願いは叶う 願うからこそ叶う | トップページ | 東京5組 同朋会 »

2007年2月23日 (金)

大悲無倦常照我

(続きもの…最終回です)
阿弥陀如来の救いとは…既にその救いの中にいる私たち。
 
 阿弥陀仏国に満足できない
  理想郷(欲望成就の世界)を求める 

 救いの対象を限定してしまう
  人間こそ生物の長であると主張する 

 人間に限定した上に、さらに限定する
  生きていることが“いのち”と勘違いしている
 
大悲無倦常照我(だいひむけんじょうしょうが)
         (親鸞聖人「正信偈」より) 
このような私だけれど、阿弥陀如来は常に見捨てずに、常に慈悲の光明で包んでくださっています。

「無倦(むけん)」とは、「あきることなく」ということ。
「あきる」といえば、「飽きる」という字を思い浮かべると思います。
「飽きる」とは、満足して「飽きる」ということ。食べ物が満ち足りていることを「飽食」といいますよね。

「倦(あぐむ)」にも「あきる」という意味があります。
「倦」という字の「あきる」とは、ものごとを為すことが出来ずに「あきる」ということ。ものごとを成就できずに「投げ出す」ということ。
つまり「無倦」とは、阿弥陀如来は、「阿弥陀仏国に満足できない」「救いの対象を限定してしまう」「人間に限定した上に、さらに限定する」私のことを、「もういいよ!!」なんて言わずに、見捨てることなく救ってくださっているということ。
 
☆ 

阿弥陀さまを信じれば信じるほど、救いを望めば望むほど、それらの想いが純粋であれば純粋であるほど、
 「救いってなに?」
 「阿弥陀さまの世界なんてあるの?」
 「こんな世界、もう嫌だ!!」
と、思ってしまいます。
そう、私たちの方が「倦きて(あきて)」しまうのです。諦めてしまうのです。他に拠り所を求めてしまうのです。
阿弥陀さまは、そんな私を見捨てません。だからこそ、私は今、阿弥陀仏国にいるのです。
南無阿弥陀仏
 

長~い「つぶやき」に付き合ってくださってありがとうございます。「念仏衆生摂取不捨」というカテゴリーでくくらせていただきました。

« 願いは叶う 願うからこそ叶う | トップページ | 東京5組 同朋会 »

コメント

今ここに自分がある。
それが阿弥陀様がいるという事実なんですね。

遠く、高いところにいらっつぃゃるにでは無い。
そんな気持ちになりました。

☆たかさん こんにちは
そうです、だから「阿弥陀如来は我なり」なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 願いは叶う 願うからこそ叶う | トップページ | 東京5組 同朋会 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ