« そこにあるもの | トップページ | こころは見えるよ »

2007年1月23日 (火)

黙読・音読・輪読・○○どく

読書は、贅沢な時間を与えてくれます。
行ったことがない世界へも、自分が生きていなかった過去へも、まだ見ぬ未来をも見せてくれます。自分の専門外のことも教えてくれます。
一時期、本をむさぼり読んでいた時期がありました。夜、古本屋で本を買い、ファミレスに行ってコーヒー一杯頼んで、買った本を読みつくす(嫌な客です)。そんなことを続けていました。何かを求めていたのでしょうか。
ちなみに、その時期にこころ打たれたのは、村上龍さんの『コインロッカーベイビーズ』と、遠藤周作さんの『深い河』です(仏教書にあらず^^;)。
『コインロッカーベイビーズ』からは、人間の中にある、いや自分自身の中にある深い業を感じ、こころ掻きむしる想いを抱きました。
『深い河』は、複数の登場人物が出て、複数のエピソードがあり、そのどれもが独立しているのに、すべてが結びついている。読書をしていて、本の世界を初めて立体的に感じました。自分もその中にいるような。
  

 
最近は、音読、声に出して本を読むことが勧められています。
目で追っているだけだと、大雑把に読んでしまいます。でも、声に出して読むということは、一字一字に必ず触れるわけですから、本全体を、文章全体を味わうことができます。声は響きです。私の声の響きが、私のこころに響いてきます。

そうは言っても、なかなか声に出して本は読めないものです。
でも考えてみれば、お経を声に出して読んでいるんですよね。お釈迦さまのおしえを声に出して読んでいる。
法事の際、意味がわからなくても、目を閉じて、おしえの世界に没頭することを試みてはいかがでしょうか。響いてくるものがあると思います。
で、いちばん身近で響くのは、声を出している私自身。贅沢な時間を頂戴しています。
  

  
20日(土)、白骨の会(西蓮寺仏教青年会)を開催しました。
昨年は、ひとつのテーマを参加者で語り合う形式を取っていました。今年は、輪読会にしました。
順番に本を読み、私が補足して、疑問点を言ってもらって、みんなで考える。
輪読会を開催するにあたり、「イメージが大切だ」というテーマを設けました。それぞれの学び・経験を通して表現されるイメージ。 本の内容を、みんな同じように共有するのではなく、それぞれが、どのようなイメージを抱いたか語り合う。
ひとりで読書していると、自分の価値観でしか捉えられません。いや、自分の価値観で捉えるどころか、サラッと読んでしまい、こころにもとどまらず、響きもなく読んでいるのではないでしょうか。
輪読会を開いてみて驚きと共に感じたことなのですが、本の内容が、立体的、複合的に感じました。ひとりで読んでいたときの平面的な世界観とは違って。
それぞれが抱く世界観。そのどれもが正しく、美しい。いろいろな世界が開けてきます。楽しかったです。
 
次回輪読会は3月。
まだ日にちは決まってませんが、決まり次第、トピックスブログ(右手「トピックス」をクリックしてください)に日にちを書いておきます。興味をお持ちいただけましたら、ご参加ください。お待ちしています。
 

 
とはいえ、私自身本を読むことはそんなに得意ではなく、なかなか読み進められません。
読んでいる途中の本がどれだけあることか。
買ったままで読んでない、積んであるだけの本がどれだけあることか。そういう読み方を「つんどく」と言います。

« そこにあるもの | トップページ | こころは見えるよ »

コメント

白骨の会ではありがとうございました。
ほんと、言葉に出すと活字に広がりが生まれ、イメージがそこに交錯するのですね。
これからも楽しみな会です。

あ「つんどく」はうまいですねー
もらいました。
同じ傾向にありますもので。。。

☆たかさん こんばんは
先日は 白骨の会にご参加いただき、ありがとうございます。お越しいただいて、とてもうれしかったです。これからもご参加ください。
黒ゴマ八橋美味しかったです。ありがとうございます。

「つんどく」
本が倒れないうちになんとかしないと… 


そうですか~「つんどく」って言うんですね…!
し放題の私です。(^^;)

しかし、本とはあらゆる可能性を秘めているものですね…!

「イメージが大切だ」ということに際して、私も仕事上、子どもたちに読み聞かせをする身として大切なことを忘れていたように思います。

それぞれの学び・経験を通して表現されるイメージは、子どもたちも一人一人も違うものですもんね。もっと「みんなで読む」という利点を生かしていきたいな~と思いました。

☆ポコペコさん こんばんは
「読み聞かせ」をされているのですか。素晴らしいことだと思います。
「子どもたち一人一人」がみんな違うイメージを膨らませる。答はひとつじゃないんですものね。
イメージすることが大切ですね。 

つんどく派(?)の私が言うのも変ですが、
本を読む習慣って、一生の宝だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そこにあるもの | トップページ | こころは見えるよ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ