« あったか~い(昨日のつづき) | トップページ | 生まれて、生きる »

2007年1月 8日 (月)

成人の日

今日は「成人の日」なのですね。
すっかり忘れて、区民会館のような建物の前を通ったら、成人の集い参加者の路駐で道路が混んでました。危うく約束の時間に遅れるところでした。
 

 
成人の日
 
人に成る日
 
人に成るって、どういうことでしょう?
 
果たして、どれだけ人に成った人がいることでしょう。
 
人間という場合の「間」には、「関係を生きる」という意味があります。
「人と人との関係の中を生きる」のが人間。
 
人をワザと「ヒト」と表記することがあります。その場合、皮肉な意味を込めて動物としての人間を指します。
 
「成人の日」を機縁に、「成人間」として生きますか? 「成ヒト」となりますか?

今年成人の若人に限った話ではなく、すべての生きとし生けるものの話です。

« あったか~い(昨日のつづき) | トップページ | 生まれて、生きる »

コメント

「人と人の間に生きる」
どうだろうか?自問自答。
「人間」でありたいとは常に願っているのですが、その通り生きているのか。うーむ

人に成る。「機」の成就ですね。本日読んだ曽我量深先生の著作に次のように説かれてありました。

「真実に十方衆生を限りなく産み出すことが法蔵菩薩の本願である。而して真実に全人格的衆生を産むことは至難の事業である。」
「名号を聞く時に於いて現実的なる衆生が誕生するのである。」
「十方衆生の真実の誕生てふことは我々が信楽を獲得することである。」

☆たかさん こんばんは
「人間」でありたい
そうですね。人間として生まれたのだから、人間でありたいですよね。
人間として生まれること自体とてもとても稀なことなのに、
人間であることはもっともっと稀なことなんですね。

☆やすさん こんばんは
人になる…機の成就
南無阿弥陀仏とお念仏申す身となることですね。
すると、成人式は公営の会館ではなく、お寺でやるのが相応しいのかもしれないですね。
 
お世話になっている亀有の蓮光寺さんでは、毎年成人の日に「成人の日法話会」を開催されています。
その年の成人に限らず、いろいろな人がお話を聞きに集まります。
まさに念仏申す人と成る場なのですね。
いい会ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あったか~い(昨日のつづき) | トップページ | 生まれて、生きる »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ