« 失敗は成功の… | トップページ | 語る者こそ聞く者 »

2007年1月17日 (水)

砂上の楼閣

1月17日は阪神淡路大震災の日。12年経ちます。
自分は京都であの震災を経験しました。明け方、今までに経験したことがない揺れを感じ、目を覚ましました。
揺れが止まり、窓の外を見ても、普段と同じ風景。揺れは凄かったけど、被害はなさそうだなと思いながら、しばらく横になりました。一時間ほどして目を覚まし、テレビをつけて驚きました。神戸の様子が映されていました。高速道路が倒れた絵でした。見た記憶がある方も多いと思います。
午後、いつも通り大学に行きました。
「朝の地震凄かったね」「神戸では大変なことになっている」という話題で持ちきりでしたが、「えっ、今朝そんな地震あったの!!」などと呑気な友人もいました。
 

 
今朝テレビで、神戸で被災した方のインタビューを放送していました。
その方は運送業をしていらっしゃいます。震災直後、荷物の配達に出かけて留守の家があると、隣の家の人が出てきて、「○○さんは出かけられて留守だから、うちで荷物を預かりますよ」と言ってくださる方がたくさんいたそうです。震災から12年経って、隣人を気にかける人もいなくなり、そう声をかけてくださる方もいなくなり、配達した荷物を持って帰ることが多くなったそうです。「お互いのことを気にかけ、助け合う。その気持ちはなくしたくないですね」と話されていました。
 
自分のことだけでも大変なときに、でも、そんな時だからこそ、お互いのことを気にかけ、助け合っていた。
そういう関係が築かれていたのに、時と共にお互いに無関心になってしまう。
お互いのことを気にかけ、助け合う関係になるには、かなりの時間がかかります。或いは、大変な出来事があって初めて助け合えるようになります。
人とのつながりを持つには、大変な時間やきっかけを要するものですね。しかし、つながりを断つのはほんの一瞬。物事を築いていくのは大変だけど、壊すのはあっという間ですね。
 
先日ブログで、地球の環境破壊は人間のせいかもしれないけれど、環境の変化は地球本来の活動でもあるのかもしれないと書きました。でも、地球本来の活動だとしても、その活動を悪い方向に早めてしまったのは人間なのかもしれない。
長い年月をかけて住みやすい環境を作ってきたつもりが、環境の悪化を招いてしまった。その悪化の速度は、作り上げてきた時間の何倍も早い。

築き上げてきたもの、形あるものが壊れゆくのは、自然の成り行き。そのことは逆らえない。
でも、自ら壊す必要はないのではないだろうか。

« 失敗は成功の… | トップページ | 語る者こそ聞く者 »

コメント

16日は新年会に参加させていただき、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。その前のご法話も真摯なテーマばかりで、身が引き締まる思いをさせていただきまして、ありがとうございました。「死んでどこへ行くのか?」 その答えは我らには念仏の中にしかありませんね。前念命終。

☆やすさん こんばんは
16日の聞法会新年会、ご参加いただきまして、ありがとうございます。
私も、楽しく過ごさせていただきました。
「死んでどこへ行くのか?」年頭から大きなテーマをいただきました。
念仏と共に歩むですね。後念即生。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失敗は成功の… | トップページ | 語る者こそ聞く者 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ