« 西蓮寺報恩講 | トップページ | バランス »

2006年11月 7日 (火)

知事

「知事」というと、現在では都道府県の行政の長の名称として使われています。「東京都知事」とか、「和歌山県知事」「福島県知事」など(今、いろいろとお騒がせ)。

本来は、寺院の庶務をつかさどる役職を「知事」と言います。

中国で唐代中ごろに以後に禅宗が発達すると、寺院の事務を担う人が必要となり(組織が大きくなると、自身の修行だけしていればいいというわけにはいかないのですね)、「知事」という役職が置かれました。
事務担当の都寺(つうす)・監(かんす)・副寺(ふうす)、綱紀粛正を担う維那(いな)、食事を管理する典座(てんぞ)、建物の修理担当の直歳(しつすい)。
このような知事制度が日本の禅宗寺院にも伝えられます。
その後、中国では宋代に、日本では明治維新の際に、地方の行政の長を「知事」と呼ぶようになりました。
 
「知事」という言葉の出どころは『大宝積経(だいほうしゃっきょう)』という経典にあります。
「知事」とは、寺の中における事務(寺務)を処理し、寺の什物を守ることを役目とするとともに、「善く是の如き諸人の心相(しんそう)をとるべし」と述べられています。

「善く是の如き諸人の心相をとるべし」
寺にいて学問すること、山で修行すること、村里で乞食(こつじき)すること、説法すること…僧侶にもいろいろとすることがあります。多くの僧侶が寺院にいる中で、それぞれの心相(心の状態)を理解し、それぞれの心相に合った役割を与えることが「知事」の仕事なのです。
今風に言えばプロデューサー。
  
都道府県民それぞれの心相を理解することはさすがに出来ませんが、民衆が生き生きと生活できる環境を整える。そのような願いが「知事」という言葉には込められているのです。
仲間内の懐具合という心相のみを気をかけるんじゃなくてね。

« 西蓮寺報恩講 | トップページ | バランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西蓮寺報恩講 | トップページ | バランス »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ