« 私の中の黒いもの | トップページ | ゆったり »

2006年11月24日 (金)

決して・すべき・ではない

私は煙草を吸わない人なのですが、タバコの箱に「吸いすぎ注意」の文章が書いてあることは知っています。でも、最近はそれだけではないのですね。

けっこうヘビィなお寺さんから、
「最近、タバコにこんな紙が入ってんだよ」
って見せていただきました。
 

妊娠している方は、
決して喫煙するべき
ではありません。

「…なんか、気持ち悪い文章ですね」

「“決して”と“するべき”と“ありません”が結びつかないんだよねぇ」
 
「“吸ってはいけません”って書けばいいのに」

「売るほうとしては、そこまでは書ききれないんだろうね」

「ふ~ん」

「でも、なにか書いておかないとダメなんだよ」
 

若いときからタバコを吸い続けて、歳をとって肺癌になられた方が「こんなもの(タバコ)売りやがるから肺癌になっちまった。タバコ会社や国を訴えてやる!!」 と言っているのを聞いたことがあります。
そうなるかもしれないことを了解したうえで吸ってるんじゃないのかなぁ。自分は大丈夫と思ってたのかなぁ。
売る方は、注意書きをしておかないと反論できないんですよね。
 
タバコに限らず、最近いろいろな商品に過剰で、冷静に読むと笑える注意書きが書いてあります。
アメリカでは「洗濯機の中に入って遊ばないでください」と取扱説明書に書いてある(もちろん英語で)と聞いたことがあります。遊んで怪我した子がいるんでしょうね。
 
「決して洗濯機の中に入るべきではありません」
なんか変だ。

「決して喫煙するべき」
で改行されてるから、折り方によっては
「妊娠している方は、決して喫煙するべき」
で文章が切れてしまいますね。変な強調のようです。


« 私の中の黒いもの | トップページ | ゆったり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の中の黒いもの | トップページ | ゆったり »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ