« つきとくも | トップページ | いのちが見えてくる »

2006年10月 9日 (月)

月光浴

月かげのいたらぬ里はなけれどもながむる人のこころにぞすむ
                           法然上人

月の光がいたらない里はない
 仏の慈悲も届かぬ人はいないのです

月を雲が覆ってしまえば、「月が見えない」と思ってしまう。
「無宗教ですから」「無神論者ですから」と言う人は、仏を頼りともしないのでしょう。

でも、
雲で覆われていても、月はある。
「無宗教ですから」「無神論者ですから」と言っても、仏さまの慈悲のこころは すべての衆生にかけられている。

「ながむる人」・拝む人・頼りとする人にのみ慈悲がかけられるのではない。
私のこころがどう思おうが、慈悲の光に照らされている。

真(まこと)のこころに照らされている。
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

« つきとくも | トップページ | いのちが見えてくる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つきとくも | トップページ | いのちが見えてくる »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ