« 想いは形となって表われる | トップページ | 発想の飛躍というけれど »

2006年10月20日 (金)

同感と共感

「同感」と「共感」って、似てるけど全然違うなぁって思いました。
   
意見・思考・好みなどが合ったときに、「同感、同感♪」と思いますよね。
でも、「同感、同感♪」と思っても、ちょっと食い違っただけで、その同感の意識は消えていきます。

「同感」っていう場合、正しい自分というものが先にあるのではないでしょうか。正しい自分と想いを同じくするものに出会ったときに「同感」という。
「同感」っていうのは自分の意見・思考・好みなどの正当性を高めるために湧いてくるのではないでしょうか。
だから、自分の想い・考え方・好みに反するものに「同感」とは思えない。

「共感」は、こころ揺さぶられる何かがあって、それに触れて「共感」するのではないでしょうか。ハッと気付かされるわけです。こころに何かが響いてくるのです。「共感」は「響感」と言い換えられるかも。
「共感」っていうのは、自分の正当性を立証するものではなくて、自分の足りない部分・間違っていた部分・あやふやな部分を明らかにしてくれるのだと思う。
だから、今までの自分の考え方と違っても、自分を否定されても、理解・納得できないことだとしても、何かがこころに響いてくる。自分を呼び覚ます何かがある。こころの底から「共感(響感)」という感情が湧いてくる。
    
でも、「共感できる」と言ってしまうと、自分の意思があってのことになってしまうから、「同感」と同義になってしまう。
「共感、共感!」って響いてくることを阿弥陀さんっていうんじゃないかなぁ(発想の飛躍でしょうか?)。

« 想いは形となって表われる | トップページ | 発想の飛躍というけれど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 想いは形となって表われる | トップページ | 発想の飛躍というけれど »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ