« 平和ってなに? | トップページ | 踊る阿呆に見る阿呆 »

2006年8月27日 (日)

縁あっての私

私あっての縁ではなく、縁あっての私

私が先にあって、その私に対して「縁」が降りかかってくるものと思っていた。
だから、「縁」が良いとか悪いとかいうことが問題となり、愚痴も出る。
そうではなく、さまざまな「縁」が積もり重なることによって今の私が存在するのではないか。
私が「縁」をいただくのではなく、「縁」によって私がある。

その「縁」を阿弥陀如来という。

« 平和ってなに? | トップページ | 踊る阿呆に見る阿呆 »

コメント

「縁」も行き当たりばったりなのかなぁ、と思ったりする事もありました。
自分中心で物事を考えていたのですね、
「縁」があるから「縁」の中を生きられる、
そうなると、良い縁・悪い縁て何だろう?
本当はそんなものは無いんですよね、
やっぱり自分勝手な都合・・かな?
自己嫌悪・・

☆teruさん こんばんは
私の身に起こるひとつひとつの事柄を「縁」と考えるのではなくて(それも「縁」なのですが)、「今の私」がいることが、「縁」の姿なんだなぁって思っています。
って、伝わらないですよね。ごめんなさい。

8月28日の文章「踊る阿呆に見る阿呆」を読んでみてください。法話後に受けた質問って、teruさんが言われたようなことだったのです(teruさん鋭い!!)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和ってなに? | トップページ | 踊る阿呆に見る阿呆 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ