« 8月15日 | トップページ | なんで人間は聞法するのかねぇ »

2006年8月16日 (水)

いつか きっと

 如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 ほねをくだきても謝すべし

     親鸞聖人「正像末法和讃」より

親鸞聖人の「恩徳讃」という和讃(仏を讃えるお歌)です。

「べし」の響きが「命令」の助動詞と勘違いされることがあります。
そうすると、
 阿弥陀如来の恩徳は身を粉にしてでも報いなさい。
 先輩先生方の恩徳も骨を砕いてでも感謝しなさい。
というような意味になってしまいます。

親鸞聖人は、
阿弥陀如来の慈悲に包まれて生かされている私であることを喜ばれた方です。
その阿弥陀如来の慈悲に気付く縁をくださった先輩や先生方との出会いに感謝された方です。
親鸞聖人の著作の根底には、如来・師主知識と出会えた喜びの気持ちが込められています。その気持ちを表わされたのであって、価値あるものだから報いなさい・感謝しなさいと命令されているのではないのです。

小賢しい言い方になってしまいますが、「べし」は「当然」や「推量」の助動詞で、「当然~する」「~するようになるだろう」といった意味になります。
 (教えをいただきながら生きていると、)
 阿弥陀如来の恩徳に、身を粉にしてでも報いる時がくるであろう。
 先輩先生方の恩徳にも、骨を砕いてでも感謝するときがくるであろう。
日々の生活の中で教えを聞いていれば、必ずいつか阿弥陀如来に、師主知識に出会えた喜びを感じられる日が来るに違いない。いや、当然来ます。(だから教えを聞き続けてほしい。)
そのような想いが込められた和讃です。

「身を粉にしても」「ほねをくだきても」とは、そうするほどに報いるようになるとか感謝するようになるという意味ではなく、私たちが生きている姿そのものを表わしているのだと思います。
楽しいこともうれしいことも、つらいことも哀しいこともある生活・人生。それぞれに一喜一憂して悩む苦しんできたけれど、それをどうにかしようと思うのではなく、一喜一憂のままに生きていけるようになる。そういう姿を「身を粉にしても」「ほねをくだきても」と表現されたのだと私はいただいています。
  
  
で、実はここからが本題。
昨日の文章で、聞き続けていくことの大切さを書きました。
でも、聞くということがなかなか難しい。
自分の思考に合ったものを受け入れていく、一時の慰めを求める、耳障りのいいものを良しとする…。そんな聞き方しかしてこなかったのではないだろうか。
それでは、いつまで経っても「報ずべし」「謝すべし」時はこない。
お話を 自身の一大事として聞き続けていかなければ、こころの底から喜びが湧いてくることはない。
お話を 自身の一大事として聞き続けていれば、そのときは頷けなくても、そのときは哀しくても、いつか生き方が変わる日が訪れるにちがいない。当然来る。

戦争の体験談も、
体験談を聞く会を催した主催者や、語り手に「戦争はこんなに悲惨なのだから、繰り返してはいけない。平和な世の中にするべきである」という想いが込められてしまうと、せっかくの話も伝わらないかもしれない。
「いつか平和な世の中がくるにちがいない。いや、きっとくる」 そういう想いのままに語り続けていけば、いつかきっと花開くときがくるにちがいない。いや、いつかきっとくる。

聞く方も、「響かないんだよね」「ピンとこないや」「そんな恐い話聞きたくない」で止まらずに聞き続けてください。
「こういうことを伝えようとされていたのかな?」「こんな哀しい気持ちを経験されたのか!」「知らないで済むことじゃなかったんだ」ってふと思える日が来るから。いつかきっと来るから。

« 8月15日 | トップページ | なんで人間は聞法するのかねぇ »

コメント

こんばんは~、かつさん。
お久しぶりです~。憶えていて下さるかなぁ。

「恩徳讃」、つい口ずさんでしまいました。
学生の頃、寮でしたので朝礼の時よく歌いましたが、私も「べし」を「命令」(強いものではないのですが)と受け取っていました。
歌っている時のことを思い出したのですが、なんだか心地良かったような。。
日々、こうした教えを想いながら過ごしていないので、かつさんのお話を読むと自分が恥ずかしくなるのですが、でも心の戸を叩いてもらっているということかな、と思います。
「お盆」のお話も読ませていただいて、今年のお盆はちょっと違う感覚でした。

ひとつ、お尋ねしたいことがあるのですが。
うろ覚えなのですが、
  良いときは自重しなさい、悪いときはいつまでも続かない・・・

のような言葉があったと記憶しているのですが、ご存じないですか。
朝礼では、歌と共に1つことばを読み聞かせてもらうのでしたが、時々この言葉に助けてもらったように思います。
もしかして、何か私の勘違いでしたらすみません。

また読ませていただきますね。

ではでは~。

☆riyo-009さん おはようございます
はい、憶えてますよ。
コメント蘭にお名前があったとき、嬉しくなりました。まだ来てくださっていたのですね。
ありがとうございます。

「恩徳讃」ご存知でしたか。
今日の文章では小賢しい説明をしてしまいましたが、歌を歌っていると、意味は分からなくても、こころを打つことがありますよね。そういう感覚が大事なことだと思います。

お尋ねのことば、素敵なことばですね。
備忘録を読み返してみましたが、出典は分かりませんでした。ごめんなさい。
でも、多分どなたかが 励ましの ことば としていただいたものではないでしょうか。
自分も「良いときこそ慎重に」というアドバイスをもらったことがあります。
苦労された方から生まれてきた ことば だと思います。
備忘録に加えておきます^^

恩徳讃の「べし」は、仰るとおり「命令」ではなく「当然」と言うか「自ずから・・・せざるを得ない」という意味に感じます。「慶ばしいかな、西蕃・月支の聖典、東夏・日域の師釈、遇いがたくして今遇うことを得たり。聞きがたくしてすでに聞くことを得たり。真宗の教行証を敬信して、特に如来の恩徳の深きことを知りぬ。」が「べし」でしょう。「感謝して生きなければならない」などという殊勝な心がけを持つべきだとの「お説教」ではなく、自然の「大慶喜」の表明だと感じます。

「聞く」という言葉も、それが人生の全てであるようにも感じます。「聞く」こと無しには一日たりとも生きてはいけないようにも感じます。

☆まつさん おはようございます
「大慶喜」の表明
…親鸞聖人のおことばって、それに尽きると思っています。
「ああですよ・こうですよ」「ああしなさい・こうしなさい」という“お説教”ではないですよね。
まさに「親鸞一人がためなりけり」です。
   
   
「聞」という字は、
「耳」に「門がまえ」が付いてます。
「門」は内側から(自分から)カンヌキを外さないと開きません。
「耳」を閉じたままにしておくのか、開くのか。
常に開いておきたいですね。

こんばんは~、かつさん。
お手数をお掛けしてしまいました。。。
申し訳ないです。
そして、お気持ちに感謝しております。

>「門」は内側からカンヌキを外さないと開かない。
ホントですね~。
閉じていると笑顔も出ませんよ^^;。

☆りよさん こんばんは
お返事コメント遅くなってしまい、ごめんなさい。

いえいえ、結局お役に立てず、失礼いたしました。

「閉じていると笑顔も出ませんよ^^;」
その通りですよね。
笑顔があるところには人が自然と集まるのだと思います。
「寺に人が来ない」なんて言う住職がいますが、寺に笑顔が無いから(カンヌキを外してないから)だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月15日 | トップページ | なんで人間は聞法するのかねぇ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ