« 長崎から | トップページ | 平和ってなに? »

2006年8月25日 (金)

惑う星の民

遠い遠い星に住む民が、私が「惑星」かどうかで惑うているらしい。
「惑星」であろうがなかろうが、私は今も自分のはたらきを続ける。
今までも、これからも、私の成すことに変わりはない。
みだれることなく、一心に。
         
      
 【惑】①まどう。まよう。
     (ア)うたがいまよう。分別・判断がつかない。
     (イ)心がくらむ。みだれる。
     (ウ)さまよう。


« 長崎から | トップページ | 平和ってなに? »

コメント

星さん わたしも 同じことを思っていました

あなたには そんなこと関係ないのだろうな・・って^^

ヒトのオゴリは 気恥ずかしく あぁ でもそんな風に 当たり前のようになされていくことのなんて多いこと

なんの違和感も感じずに 当たり前のこととして

ネコを殺すと問題になるけど 蟻を指でつまみつぶしても何でもないこと

いつの間にか 染み付いているいろいろ

かつさん 腰の調子はどうですか

また メールします

☆美雨さん こんばんは

昨日、お友達と飲んでいて、
(私)「冥王星を外すことを考えるのならば、惑星で唯一人類が住むとされている地球を外したらいいのに」
(友)「そうですね。そう考えると地球だけ異質ですものね。じゃぁ、地球は“惑星”ではなく、何と呼びましょうか」
(私)「“迷惑星”なんて どうですか?」
(友)「うまいですねぇ^^」
座布団を二枚いただきました^^

「いつの間にか 染み付いているいろいろ」
…迷惑をかけずには生きていけない私なんですよね。

腰、治ったとは思います。長崎に出かけてるぐらいですから。でも重いものを持つときは注意してます。腰をかがめて「どっこいしょ」って。
その注意心を忘れた頃にまたやってしまう。その繰り返しです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎から | トップページ | 平和ってなに? »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ