« 循環彷徨 | トップページ | われら春秋を識らず »

2006年8月19日 (土)

ケイ蛄春秋を識らず

夕方5時半頃、まだ日が暮れる前、本堂の裏でご本尊の正面に飾るお花を挿してました。窓を開けて、外の風を入れながら。蝉の鳴き声が聞こえてきます。

 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
   ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
   ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ

う~ん、アブラゼミの大合唱。
普段、本堂のお花は住職が挿しているのですが、住職が不在のため久しぶりに私が挿してました。慣れないことをしてるものだから、時間がかかります。日が落ちてきました。

 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ  
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン
  
ミンミンゼミの声も聞こえてきました。賑やかです。
一応挿せたけど、バランスが悪いなぁ。やり直し やり直し。全部抜いてもう一度挿し始めました。窓の外が薄暗~くなってきました。

 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン 
         カナカナカナカナカナカナカナカナ
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン 
         カナカナカナカナカナカナカナカナ
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン 
         カナカナカナカナカナカナカナカナ

よく耳を澄ますと寂しげな鳴き声が…。ヒグラシです。
いろいろな蝉がいるものだなぁと感じていました(花を挿すことに集中していない…)。

蝉といえば、次のことばを思い出していました。

ケイ蛄春秋を識らず、伊虫あに朱陽の節を知らんや (ケイ:虫偏に惠)
     〔ケイコ シュンジュウをシらず、イチュウあにシュヨウのセツをシらんや〕

ケイ蛄とは蝉のことです。伊虫は「この虫」という意味で、ここでは蝉を指します。
夏に成虫となる蝉は、春や秋があることを知りません。春や秋を知らないこの虫が、どうして夏(朱陽の節)を知ることができるだろうか(いや、できない)。
というような意味になります。

残された時間が少ないことを知ってか、力の限り鳴き続ける蝉。その蝉は、毎年 計ったように夏に成虫となります。春や秋、もちろん冬がどういう季節か知らないわけです。
ということは、“夏”ということも分からないのです。比べることが出来て初めて夏だ秋だと知ることが出来るのですから。夏に成虫となり、いのち終えていく蝉は 春も秋も、そして夏も知らないのです。

このことばは、もちろん蝉の事実を語っただけではありません。

例えば…そう、私のこと。
自我という想いの中を生きている私は、他者の想いを知らない。
他者の想いを知らないということは、自分自身が見えなくなっているということ。
自分を正当化していると、他者の意見なんか受け付けません。自分とは違う想いを受け付けないでいると、まさに循環彷徨。どれだけ頑張っても、どれだけ経験を積んでも、どれだけ生きても、元の場所に戻ってきてしまいます。

例えば…今何か夢中になっていること、ありますか?
仕事でも趣味でもいいです。何かに夢中になっていると、のめりこみすぎると、周りが見えなくなってしまいます。そして、その夢中になっていること自体が見えなくなってしまいます。
もう終わってしまいましたが、NHKの「プロジェクトX」という番組がありましたよね。主人公が仕事で壁にぶつかる。今までの経験や知識を生かして解決策を探ってもまったく光が見えない。そんな時、まったく畑違いの仕事をしてる友人や、仕事についての知識が無い身内の一言が解決策を導くことがある。そんなこともあるものです。

   
   
いろいろと考えているうちに、日が暮れてしまいました。
花も挿し終えて、阿弥陀さまの前にお飾りして、夕方のお勤めをしました。ナムナム。
時間は…7時だ!!

« 循環彷徨 | トップページ | われら春秋を識らず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 循環彷徨 | トップページ | われら春秋を識らず »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ