« 滅亡の背景 | トップページ | 形見 »

2006年7月19日 (水)

仏の顔も三度

7月15日に「枯れ木でも親族の木陰は涼しい 」という記事を書きました。

この、お釈迦さまとカーサラ国王のやり取りを由来として「仏の顔も三度」という諺ができたそうです。

今日、「仏の顔も三度」といったら、
「どんなに優しい人でも、失礼なことをしても笑って許してくれるのは3度までですよ」
という意味で使われますよね。

そのためか「仏の顔も三度まで」と間違って覚えている方もいるではないでしょうか。

でも、15日の記事を読んでいただければ分かると思うのですが、
お釈迦さまは3度まで許して、4度目に怒りが爆発したわけではありません。
カーサラ国4度目の出兵の折、お釈迦さまが
「テメエラ、これだけ言っても分からないのか!!」なんて怒って、弟子やカピラヴァスツの民衆を伴って兵を挙げたというのなら「仏の顔も三度」ですけど^^;

お釈迦さまは、母国滅亡を避けられぬ因縁であると悟っていたと思います。
だけど、黙って見ていることも出来ず、カーサラ国王を諭すわけです。
でも、カーサラ国3度目の出兵の折、逆らうことが出来ない因縁を受け入れたのではないでしょうか。

悟りとは、つらいものなのかもしれません。
私たち、「先のことが分かったらなぁ」なんて思うこともありますが、先のことが分かったら つまらないですし、知った内容が哀しい出来事だったらどうしますか? そこから避けられないんですよ!
私たち、先のことが分からないから 希望を持てるのだと思います。先のことが分からないから 一生懸命になれるのだと思います。先のことが分からないから 生きられるのだと思います。

お釈迦さまは、すべてを見通されていた。それ故に苦しまれた。
形あるものはいつか滅びる。
そんな分かりきったことを受け入れるのに、カーサラ国3度の出兵が必要だった。

悟りを得た人であっても、物事の道理を知った人であっても、すべてお見通しの人であっても、現実を受け入れるのは容易ではない。
生きるとは、悟ってもなお苦しみの連続。悟って楽になるのではない。
「仏の顔も三度」…受け容れ難い人生を受け容れて 生きていく。
そんなことを教えてくださっているように感じます。


(補足)
15日の記事では、
お釈迦さまは2度までカーサラ国の出兵を阻止して、3度目は阻止することをやめたと書きました。
だから、「仏の顔も二度」ですよね^^

参考にする文献によって、二度だったり、三度だったりするので、そこは気にしないでください。
この故事のサンスクリットを読む力があればいいのですが…^^;

« 滅亡の背景 | トップページ | 形見 »

コメント

こんにちは。


>悟りを得た人であっても、物事の道理を知った人であっても、すべてお見通しの人であっても、現実を受け入れるのは容易ではない。


釈尊はカーサラ国王の出兵を弟子達まで動員して妨害した。知られている仏伝の中では少ない釈尊「大慙愧」の事件でしょう。本当の「木陰」を悟った筈の仏陀が、親族という木陰を因縁に逆らってまで守ろうとした。現前の境遇に落在することの難しさを示してくれているようです。まだ浄邦の縁は熟していなかったのでしょうか?  韋提希、阿闍世王の苦悩・悲劇が現れるという縁塾が必要だったのかも知れませんね。仏教は浄土教に帰入せざるを得ない必然性というものを感じます。


すみません!「縁塾」ではなく「縁熟」でした。お恥ずかしながら訂正します。

「先のことが分からないから 希望を持てるのだと思います。先のことが分からないから 一生懸命になれるのだと思います。先のことが分からないから 生きられるのだと思います。」本当ですね。
最近、いろいろありすぎて辛い毎日ですが「先のことがわからない」ゆえに不安になるけれど、「先のことがわからない」ゆえに
希望も持てたりします。
人生どう転ぶかなんてわからない。だからこそ後悔のない、自分に恥じない生き方だけはしていきたいなあ。かつさん、いつもステキな記事をありがとうございます。^^

☆やすさん こんばんは
お釈迦さまも人間のままでいてくださったんですよ^^
だからこそ教えが衆生に届き、今に伝わっている。
もし、悟って、より高次の存在になっていたら、人間の苦しみなんて理解できなくなってしまいますから。

縁熟してお釈迦さまがお生まれになったというのはいかがでしょう?

☆月子さん こんばんは
やすさんのコメント返しをアップしたら、月子さんのコメントが入っていたので、嬉しかったです^^

人生どう転ぶかわからない
そうですよね。だから私も、出来る限りのことをやっているつもりです。
失敗してカラ回りして、私自身が転げまわってますが^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滅亡の背景 | トップページ | 形見 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ