« 夏ほととぎす | トップページ | 白骨の会 »

2006年7月26日 (水)

もったいない

ケニア副環境相のワンガリ・マータイさんは言われました。
「“もったいない”という素晴らしい ことば が日本にはある。この“もったいない”の精神こそ、地球環境を考えるのに大切な ことば である」

「もったいない」
「もったい(勿体)」とは、物の本質・あるべき姿。それが「ない」のだから、物事を生かしきっていないとか、本来のはたらきをしていないとかいう意味になります。そこから派生して「惜しむ」という意味も出てきました。

身の回りに「もったいない」使い方をしているものはありませんか?
身の回りの品物 水・電気・ガスなどの資源 それに…人
もったいないことをしていたなぁって思っていただけたら、大切にしてくださいね。

「もったいない」
数や量が少ないものを無駄遣いしているときや、
なかなか手に入らないものが手に入ったときに「もったいない」と思うことは簡単だけど、
身の回りに溢れているときや、
ある(いる)のが当たり前の状態になっているときに「もったいない」と思うことはかなり難しい。
減り始めてから、無くなってから、いなくなってから「もったいない」と思っても、そのときには遅すぎます。
日々「もったいない」の気持ちで生きていたいものです。


私のそばにいてくれて、もったいないことです。ありがとう^^


« 夏ほととぎす | トップページ | 白骨の会 »

コメント

もったいない、事や物・人・それに「時」。
確かに気がついた時にはどれも取り戻せないもの、ですね。
すべてに感謝。

わかっているようで、なかなか出来ないなぁー
特に大切な人には「一言出ない」自分がいる・・・

☆teruさん こんばんは
もったいない「時」がありましたね。
時間が足りないとか、時間が経つのが早いとか言ってるけど、実は時間を無駄に過ごしている私です。

大切な人に、
言わなきゃいけないことが言えなくて、
言わなくていいことを言ってしまう。
でもそれって、大切な人だから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏ほととぎす | トップページ | 白骨の会 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ