« ありがとうございます | トップページ | いのちの根っこ »

2006年5月10日 (水)

すみません

「すみません」
謝って、それで済ませた気持ちになってなかっただろうか。
それで済ませた…そう、「すみません」って「まだ 済みません」ってこと。

何が済まないのか…いただいている ご恩に対する感謝
“感謝”って書くと、ことばで表わしたり、誠意を示したりしなきゃと思ってしまう。
でも、どんなに謝っても、感謝しても、誠意を示しても、しきれないという意味での「すみません」
謝らなくていいとか、無駄とかいう意味ではなくて、
どんなに「すみません」と言っても、済まないほどのご恩をいただいて 今の私がいるという事実。

「すみません」
謝意のことばではなくて、今を生きているありがたさを想うことば

「すみません( -_-)」って暗い顔をして言うものではなくて、
「すみません(^-^)」って笑顔がこぼれてくるものなのかもしれない。

ご恩思えば みなご恩 この才市も ご恩でできました
                          浅原 才市

「この才市も」の「才市」の部分に自分の名前を入れてお読みになってみてください。

« ありがとうございます | トップページ | いのちの根っこ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがとうございます | トップページ | いのちの根っこ »

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ