« 悪人 | トップページ | 生まれたかったんだよ »

2006年5月27日 (土)

阿弥陀如来

真宗の基礎的なことに立ち返ったのは、“悪人”について考えたかったのではなくて、阿弥陀如来のことを想ったから。

如来…“如”より来るもの。 “如”とは真実なり。

真実は分からないもの。分からないものだけど、実は私自身。
 私…縁によって生かされる身。必然の生と死を生きる身。

阿弥陀如来は、この私自身だった。
    
    
真宗の教えで、
“悪人”を他者に見るのではなく、
私こそ“悪人”でしたと感得する自己内省が大切ですと教えられる。
でも、阿弥陀如来を外に見た自己内省は反省にすぎない。    
自分自身が内省(反省)するのではない。
内なる阿弥陀如来が呼びかけてくださっている。ずっと前から。これからもずっと。
そんな大きなはたらきを受けながら、私は生かされている。
すでに自己内省のいのちを生きている。
私がするのでも、感得するのでもなかったんだなぁ。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

« 悪人 | トップページ | 生まれたかったんだよ »

コメント

かつさん、度々お邪魔致して済みません。

きょうの記事は真に感動してコメントを書かざるを得ませんでした。


>内なる阿弥陀如来が呼びかけてくださっている


まさに「これが真宗だ」との一言ですね。正定聚の機、真実信心、現生不退、生死即涅槃。
聞法会でも、こういうお話をなさってください。


南無阿弥陀仏

☆まつさん こんばんは
コメントありがとうございます。
いろいろと書いてきましたが、行き着く所はここなんだ!!って気がしました。

手が合わさります(-人-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪人 | トップページ | 生まれたかったんだよ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ