« いのちの根っこ | トップページ | 阿弥陀さん 阿弥陀さん »

2006年5月12日 (金)

ありがたい偶然は 必然

ありがたい偶然は 必然って言うんだよ
話をしていて、ふっと出てきた ことば。
自分でも驚いた。
 「ありがたい偶然は 必然かぁ…」(こころのなかで噛み締める)
   
  
ご恩でできた私。
いろいろな出会いがあった。 いろいろな出来事があった。
そのうちの ひとつ が外れただけでも今の私はいない。

出会いが出会いをふくらませる。
ある人との出会いが、ほかの人との出会いに広がる。
ある出来事によって、新しい道が開かれる。
ある人との ある出来事との出会いによって、私の感情・気持ちが大きく変わることがある。
殻に閉じこもっていた私の想いが、大きく開かれる、正反対に転換されることがある。
出会いが私を成り立たせる。

反対に、嫌な人との出会い、二度と起きてほしくない出来事との出会いもある。

「“ありがたい”偶然」って言うと、「“ありがたくない”偶然」もあるように思ってしまう。
自分の希望通りになったとき、自分に有利になったとき、感謝するとき、「ありがたい♪」と言うけれど、「“ありがたい”偶然」の “ありがたい” は、そんな「ありがたい♪」ではない。
突き詰めれば、すべてが「ありがたい偶然」。つまりは必然だったということ。
あの出会いも。この出会いも。

有ること難い偶然の連続・積み重ねで今の私ができた。
良い出会い 悪い出会い…自分で色分けしてしまうけど、出会いはすべてが必然。良いも悪いもない。
私を成り立たしめるために ありがたい偶然が積み重なった。
いや、ありがたい偶然の積み重ねによって 私ができた。
    
     
そういうことを考えていてネットを散歩していたら、
出会いは必然。会うべきして会う
という ことば に出会いました。
(本山 東本願寺の青少幼年センター準備室 のHPです)

想いを持って生きるということは、その想いにつながる何かに出会えるものですね。
それも「ありがたい偶然」の積み重ね。つまりは必然。
               南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

« いのちの根っこ | トップページ | 阿弥陀さん 阿弥陀さん »

コメント

ブログを書くにあたり、「必然は偶然」という言葉を用いたく、でもこの使い方で正しいのかネットで調べていたところ、ご住職のブログにを偶然にも読ませていただきました。
ありがたくないことも、心静かに受け入れてみよう思います。
ありがとうございました。

☆ばんばさんへ
ご丁寧にコメントをありがとうございます。
「ご住職のブログを“偶然”にも読ませていただきました」
これもまた“必然”なり…といったとこでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いのちの根っこ | トップページ | 阿弥陀さん 阿弥陀さん »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ