« 親しいということは… | トップページ | GW日記(その2) »

2006年5月 5日 (金)

GW日記(その1)

今日、ある霊園に行ってきました。
新聞によく霊園の広告が挟まってますよね。きれいな景色の中にある霊園。どんな所なのか一度見てみたかったので、行ってきました(偵察じゃないですよ^^)。
霊園は広くて眺めも良かったです。
車も少なく、渋滞も無く霊園に着きました。
お彼岸には 霊園に続く道は大渋滞だと聞きますが、ゴールデンウィーク中にお墓参りに出かけるご家族は少ないのかな。霊園でも数える程度の方しかお見かけしませんでした。お墓参りの穴場ですよ。

行った霊園では、ペットも合葬できるお墓を分譲してました。
 生前のワンちゃんやネコちゃんの写真が焼き付けてある墓石
 足跡を彫ってある墓石
 亡くなられた人の戒名とペットの名前を並べて彫ってある墓石
可愛がっていたんだなぁっていうのがとても伝わってきました(私はなにも飼っていませんが)。

ペット合葬可を売りにするということは、それが普通は認められていないということ。
“お墓にペットを一緒に納骨するものではない”という意識が強いからでしょうか。
個人的には、ペットも同じお墓に納骨してもかまわないと思っています。衆生(生きとし生けるもの)なんだから、分けることもないのに。
抵抗ある人が多いのかなぁ…多いのでしょうね。

すがすがしい風に吹かれながら、そんなことを考えていました。

« 親しいということは… | トップページ | GW日記(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親しいということは… | トップページ | GW日記(その2) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ