« 知らないということの哀しみ | トップページ | 塵をはらい、垢をのぞく »

2006年4月 4日 (火)

雑巾がけ

昨日は風が強かったですね。台風並みだって。
そんなんで今日は廊下の水ぶきです。

バケツに水を汲んで、雑巾を入れて、そして雑巾を固く絞らないのがポイント。もうひと絞りできそうなぐらいの水を含ませておきます。なぜなら、廊下がフローリングではなく木だから。雑巾が含んでいる水も、あっという間に廊下の木が吸ってしまいます。固く絞った雑巾で水ぶきしても、全然きれいになりません。
で、水ぶきしていると、木の芳しい匂いがしてきます。この匂い、森林浴です^^

水を吸い、木の匂いを発する。
伐採されて、廊下になってから何十年と経つのに、まだまだ生きているんです。
水ぶきをするとき、いつも感動してしまいます。「いのちだなぁ」って。
フローリングや、しっかりコーティングをしてしまった廊下では、水も吸わないし、匂いもしません。
「いのちだなぁ」って感動することもないでしょう。

この感動を味わいたい方は、ご連絡ください。
今ならもれなく掃除が出来ます(って、掃除してもらいたいだけじゃない?)。
     
(おまけ)     
水ぶきとか、掃き掃除って、体にいいですよ。
ちょっと体重が気になる方も、無理なく痩せられます。
私が大学から寺に戻って、毎日掃除をしていたら、3か月で10kg以上痩せました(もともと太っていたという言い方もできますが)。
それから10年以上経ちますが、体重は維持されてます。
必要以上には痩せませんが、その人にふさわしい体重にはなりますね。
この感動を味わいたい方は…(結局それが言いたかったのかい!!)

« 知らないということの哀しみ | トップページ | 塵をはらい、垢をのぞく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知らないということの哀しみ | トップページ | 塵をはらい、垢をのぞく »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ