« 追弔会(ついちょうえ) | トップページ | 人の道を踏み外してる »

2006年4月16日 (日)

葛藤

「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」という番組があります。
一度見てみたいと思ってはいるのですが、まだ見たことがないです。
まだ見たことがないのに、内容について語るのは失礼ですが、
友人が「太田さん格好よかったよ」と熱弁してくれたので、書きたくなりました。

爆笑問題…
見ない日がないほどテレビ出演されていて、
雑誌でコラムを書き、
本も多数出版されています。
それだけ沢山自分の想いを主張をする場を持っている。

太田さんは
「人を傷つける気はなくても、傷つけてしまうことがある。
自分の言いたいことが伝わらないこともある。
どうやったら自分の言いたいことが伝わるのか、いまだに分からない」
と、表現することの難しさ・怖さを語られていたとのこと。

あぁ、見たかったなぁ。
表現者が そのようなことを公に言うのって、とても勇気がいることだと思う。
でも、そういう気持ち・苦悩を持ちながらも表現せずにはおれない。
まさに表現者。
それを放送してくれたテレビ局も「やるなぁ」と思いました。

でも よく考えると、私たちの日々の言動だってそうですよね。
知らないうちに人を傷つけているかもしれない。
伝えたいことがうまく伝わらない。
どうやって伝えたらいいのかわからない。
メディアを通しているかいないかの違いだけ
(メディアを通している分だけ風当たりも強くなるけれど)。
だからといって、自己表現することを止めて生きてはいけない。

自分の発言によって傷つく人がいる(そんな気はなくても)。
自分の発言が間違って受け取られかねない(あぁ、そうじゃないのに)。
そういうことに気が付いていることが大事なことだと思う。
その葛藤を抱えながらも、伝えたい想いがある。伝えずにはいられない。
傷つく人もいるかもしれないけれど、想いを受け止めてくれる人はきっといる。

誰もが抱えているはずの葛藤なんだから。

« 追弔会(ついちょうえ) | トップページ | 人の道を踏み外してる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追弔会(ついちょうえ) | トップページ | 人の道を踏み外してる »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ