« 声なき声 | トップページ | お誕生日 »

2006年4月 1日 (土)

2006年4月のことば

Pict0304
四季があるように
人生の節目で 人はまた こころをあらたにする

春 桜が心を和ませる。新しい出会いが私を待っている。
夏 暑い陽射しが私を照りつける。生きている躍動感を感じさせる。
秋 落ち葉が舞い散る。感傷的な気持ちにさせる。
冬 身をさす寒さ。春への期待が耐え忍ぶ強さとなる。

四季それぞれ雰囲気がある。一年経つと また元に戻るのに、なにかが違う。年々新た。
生老病死も、人生の節目。
生もあれば、死もあって・・・。いや、生があるからこそ死がある。死があるからこそ、生が輝く。

一生の中にも節目がある。
一年の中にも節目がある。
一日の中にも節目がある。

節目は、四季の移り変わりや行事、生と死だけとは限らない。
日々の私の感情。
喜び・安心・楽しみ・・・
迷い・悩み・不安・苦しみ・・・
こころが落ち着いているときって、滅多にない。でも、こころが落ち着いているときだって、こころは動いている。こころの移り変わりという節目を、常に私は生きている。
楽しいときに、「なぜこんなに楽しいんだろう」とはあまり思わないけれど、苦しいときは、「どうして私だけこんな目に遭わなければいけないんだ」という想いが私を支配する。
物事には時期があるんだと思う。今、私の身に起こる苦しい出来事は、苦しさを体験する時期だから。楽しいときは、楽しさを享受する時期なのだろう。
人生にはプラスとマイナスがある。どちらかが多いわけではない。後で振り返ると、ちゃんとバランスが取れている。単に半々というわけではない。マイナスがプラスを生み、プラスがあるからマイナスを感じる。
もし、世界に喜びしかなかったら、勇敢になるとか、忍耐強くなるとか、学ぶことは決してなかったでしょう
     (ヘレン・ケラー)

つらいことや哀しいことを経験すると、人に対する思いやりの気持ちが芽生えるという。確かにそういうことってあると思う。だけどそれって、つらさ哀しさを経験しなければ人が見えないということの裏返し。味わうべくして、経験しているのかもしれない。時期を与えられているのかもしれない。
苦しい出来事に直面するたびに、人生をリセットしていては、前へは進めない。
リセットするということは、
 積み重ねてきた節目を無かったことにするということ。
 経験したことを忘れてしまうということ。
 人に対する思いやりのこころをも失うということ。
 自分自身に対する思いやりも含めて。
だから、リセットしても、また同じ過ちを繰り返すことでしょう。

節目を重ねていくなかで、人は生きるヒントをつかんでいるのかもしれない。こころの動きひとつひとつが節目となる。感じるこころが感情を養い、私を成長させる。

同じような日々の繰り返し・・・
なにも変わらない私・・・
そんな気がしていたけれど、節目を重ね、私は成長している。人との出会いに支えられながら。

春、新しい歩みが始まる季節。人生にも季節と同じように節目があって、節目を重ねて、人は大きくなっていく。


(付記)
今月の掲示板のことば「四季があるように 人生の節目で人はまたこころをあらたにする」は、ブログで知り合った方のことばです。  
「苦しいことにも楽しいことにも訪れる時期がある」そんなことを考えていたときに ことばに出会い、表現したいことを言い当てられているように感じました。
すぐにメールをして、ことば引用の了解をいただきました。ありがとうございます。

« 声なき声 | トップページ | お誕生日 »

コメント

かつさん 読みながら思わず涙が・・
こんなに 素敵な文章にとりいれていただいて ありがとうございます

わたしね また 不思議に出会いましたよ
たまに 人生をリセットしたくなる って ブログに書こうかなって そのことが 昼寝をしてるあいだ中ずっと 頭から離れなかったんです

いま、かつさんの文章を読んで・・
かつさん 偶然って 偶然じゃないですよね 不思議な力 本当に
びっくりしたようで でも前にもこんなことがあったな・・って 思っています

>リセットするということは、
>積み重ねてきた節目を無かったことにするということ。
>経験したことを忘れてしまうということ。
>人に対する思いやりのこころをも失うということ。
>自分自身に対する思いやりも含めて。

そうなんですよね だから また繰り返す 凝りもせず
そうじゃないんですよね これをバネにして糧にして

かつさん 本当にありがとうございます

おひさしぶりです。
最近強くなった自分とむきあいながら
人生に無駄なことなどひとつもないのだなあ、と実感する今日この頃です。今回の記事も再びリンクさせてください。。。

☆美雨さん こんにちは
私も不思議に出会いました。
本文でも書いてるけど、「苦しいことにも楽しいことにも訪れる時期がある」ということを考えていたら、美雨さんのことばがスッと入ってきて、感動でした。
うん、偶然って偶然じゃないんだと思います。必要だからこそ、大切だからこそ、知ってほしいからこそ、私の身にいろいろなことが起こるんだと思います。

美雨さん、こちらこそありがとうございます。

☆月子さん こんにちは
お久しぶりです。
「人生に無駄なことなどひとつもない」
そうですよね、きっと。
無駄に感じてしまう私がいるだけのことで。

強くなる…しっかりする、何事にもビクともしないようになることかと思っていたけれど、
竹のように しなやかなことを強くなるというのかも。
しっかりしているだけだと、ある日ポキッて折れてしまう。
竹のようにしなやかだと、何事にも柔軟に対応できる。
竹には節目がある。節目を重ねて成長する。
う~ん、竹って、人生の先生かも!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声なき声 | トップページ | お誕生日 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ