« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

声なき声

数日前のこと、私よりかなり若い門徒さんとの会話です。

「副住職、聞いてほしいことがあるんですけど」

「うん、なぁに?」

「私は、“ナムアミダブツ”って口にすることに抵抗があったんです。だから、お仏壇の前でも、お墓の前でも、“ありがとう”って口ずさみながら手を合わせていたんです」

「うん」

「でもね、先日祖母が亡くなって、納骨が終わって、そしたら自然と“南無阿弥陀仏”って言えるようになったんですよ。不思議ですよね。なんででしょうね」

「そうか、不思議だね。
あのさ、お念仏を自分の意思で称えるものと思っていたんじゃないかなぁ。お念仏を称えるのも称えないのも自分の意思だって。
でもね、私にお念仏を称えさせるはたらきがあると思うんだ。それが、あなたにとっては亡くなられたお祖母さんなんじゃないかなぁ。
お祖母さんはさ、お念仏を称える機会を与えてくれたんだと思うんだ。
亡くなった人に対して、生きてる私が供養をしてあげるって思いがちだけど、亡くなった人が私に大事な何かを伝えてくれていると思うんだよね。そうでなかったら、納骨も済んで、もうなにもする必要がないじゃない。
亡くなった人が、私にメッセージを送ってくれている。それが、今のあなたにとっては“南無阿弥陀仏”だったんじゃないかな。
“南無阿弥陀仏”って称えられるようになったってことは、お祖母さんからの声なき声があなたにしっかりと届いているってことじゃないかな。
お祖母さん、喜んでいると思うよ。それこそ、本当の意味での供養っていうんじゃないかな」

「声なき声…。祖母からのメッセージが私に届いている?」

「うん、私はそう思うよ」
         
           
人は亡くなってからも、いや、亡くなったからこそ、何かを伝えようとしてくれている。私はそのように思っています。みなさんはどのように思われますか?

2006年3月26日 (日)

平均は個を見えなくする

「平均」って、あくまで中間を示すものであって、現実を表わすものではないなぁ。

人と違うことを恐れ、嫌い、平均をよしとする。
と言いながら、人よりチョットでも秀でていたい。
人より劣る自分が許せない。
    
経済状況を見るとき、「平均」を見る。
「平均」からは困っている人の姿が見えてこない。
格差が広がれば広がるほど、「平均」は弱者の姿を消してしまう。
   
慣習や儀礼は、地域によってさまざま。
ネットや冊子などで示せるのは、だいたいこんな感じですっていう「平均」的な当たり障りのないものだけ。
地域や歴史に根ざした慣習まで示すには限界がある。
     
     
ふと、「平均」ということが頭に浮かび、こんなことを考えていました。
わかったつもりにはさせてくれるけど、実は何も見えなくしてくれるんだなぁと思いました。

教化冊子・リーフレット・HPの作成に携わってきて、なにかモヤモヤするものを抱え続けてきました。
不特定多数の人に見てもらうことを考えると、どうしても「平均」を表わしたものになってしまいます。
内容に間違いはないのだろうけど、地域・場合・状況によっては、まったく意味をなさないこともあるかもしれない。


「平均」は“個”を見えなくする。
そんなことをね、ふと思ったのです。

2006年3月24日 (金)

お彼岸も終わり…

今日で春のお彼岸も終わりです。
風が強く、寒いお彼岸だった気がします。
気候には恵まれなくても、道路が混むのがわかっていても、お彼岸にはたくさんの方がお墓参りにみえます。

そういえば、
雨風の強い日や大雪の日に、「今日は誰もお墓参りには来れないなぁ」なんて思っていると、ピンポ〜ン♪と玄関のベルが鳴り、「今日は○○の命日なんですよ。お墓参りに来ました^^」ってみえる方がいます。
思い返してみると、そういう人って、笑顔だなぁ。
お墓をお参りすることが楽しいというか、亡くなった人に会っているのでしょうね。

そういうのを信仰心というのかどうかという議論は別にして、
お参りする気持ちっていうのは、日本人はまだまだ持ってるなぁと思うわけです。
そういう気持ちがあるということは、人を慕う気持ちだってあるはず。

そんな気持ちを、
お彼岸や命日の日だけでなく、
亡くなった大切な人に対してだけでなく、
いつも、誰にでも向けられたらなぁ・・・と思いながら この一週間過ごしていました。

2006年3月21日 (火)

WBC優勝

王ジャパンおめでとう!!

やっぱ野球は楽しいなぁ

暖かくなってきたし、体を動かしたくなってきました

(久しぶりの更新がこんな記事ですみません)
    
     
追記(3月23日)
3月21日はお彼岸のお中日でした。
朝からたくさんの方がお墓参りに来られました。
スッゴイたくさんの人でした。
「今日はいったいどれだけの人が来るんだ!!」(心の叫び)
    
    
ところが、昼過ぎには お参りされる人の姿が極端に減りました。
「あれ! 午前中の勢いは?」
お中日の昼間にお参りの人が減るのも珍しいなぁと思っていました。
    
    
午後4時過ぎ、そろそろ片付け始めようかなぁなんて思い始めた頃、また人の波が。
「え! なんで?」
普段のお中日とは違う人の流れ。なんでかなぁなんて思っていたら、理由がわかりました。
    
    
「副住職、こんにちは ニッポンやったねぇ!! 途中の電気屋さんの前でテレビ見てたら遅れちゃったよ^^」
「副住職野球見てた!? 王さんよかったねぇ テレビ見始めたら、出かけられなくなっちゃって^^」
    
    
うん、納得
みんな笑顔でした^^
     
    
    
王ジャパンのクローザー 大塚投手のブログです。
http://blog.so-net.ne.jp/aki-otsuka/
試合が終わるとブログを更新されていて、臨場感があって、想いが伝わってきます。
        
         
          
追記(3月27日)
今日、東京は暖かでした。
久しぶりに草野球をしてきました。
烏山寺町の坊さんチーム「クールサンガ」というのがあり、体を動かしてきました。

今日は 2番でセンター。
WBCの余韻で、気分が乗っていたので、3打数2安打2打点1盗塁
気持ちで動く単純な人だなぁと、我ながら感心してしまいました。

試合は18対3で…敗けました><

2006年3月 1日 (水)

2006年3月のことば

PICT0221
南無阿弥陀仏
合わせる私の手の中に
 どれだけの
  罪業があることだろう

南無阿弥陀仏
いつものように手を合わせ、阿弥陀如来を仰ぎ見る。
いつものように「正信偈(しょうしんげ)」をお勤めし、
いつものように頭を下げる。

「正信偈」お勤め中、いろいろな想いが頭の中を駆け巡る。私がしてきたこと、今の私の状況、これからの私…。
今までの私は、どれだけ人を傷付けてきたことだろう。許されるはずのない今を生きる私。
これからも罪を背負って生きていく。
これが私の生きる道。哀しい。だけど、こんな私でも生きていける。

南無阿弥陀仏
いつものように手を合わせ、阿弥陀如来を仰ぎ見る。
ふと、私の手を見つめる。手と手が合わさっている。合わさった手の中に、どれだけの罪業があるのだろう。私の罪業は、この手に納まるはずがない。納まるはずがないのに、私の手は合わさっている。
手に納まらない、腕を上げることも出来ない。それほど大きく、重く、深い罪業を抱えていながら、私の手は合わさっている。ここにどれほどの力が与えられているのだろう。どれほどの温もりが伝わっているのだろう。許されるはずのない私を許すために、どれほどの涙が流されているのだろう。

 いつものように
  いつものように
   いつものように…

習慣・惰性になってしまっている行為の中に、どれほどの許しが与えられていることか。
私の背中から、重くて持ち上がらないはずの私の腕を支え上げてくれているはたらきがある。
私の正面から、合わせた掌から零(こぼ)れるほどの罪業を持った私の手の外側を、大きな手が包んでくれている。
私の口から出る感謝のことば。
 「ありがとう」
 「おかげさま」

「ありがとう」…有り難いこと。有ることが難しいこと。私の身に、起きるはずもないことが起きたということ。
「おかげさま」…日照りから私を守ってくださる「陰」なるはたらきに「お」と「さま」をつけて、より丁寧に呼んだことば。「おかげさま」目に見えぬはたらきに出会えたことば。私を包んでくださる温もりに出会えた。陰にいるのに、なぜか温かい気持ちになる。
会えるはずのない出来事に出会い、気付くはずのない温もりを感じたから出てくることば。
 「ありがとう」
 「おかげさま」
私の口から出てくるから、私の心の作用のように思ってしまうけれど、私の心に響く何かがあったからこそ出てくることば。

こんな私でも、許してくださるのですね。
こんな私でも、生きていけるのですね。
こんな私でも、手を合わせていいのですね。

手を合わせることなど出来るはずもないこの私が、手を合わさせていただいている。
頭を下げることなど出来るはずもないこの私が、頭を下げさせていただいている。
お念仏申すことなど出来るはずもないこの私が、お念仏申させていただいている。
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ