« 人生は橋 | トップページ | ゴボウの豚肉巻き »

2006年2月18日 (土)

おかげさま

「おかげさま」
日々の生活の中、忘れたくない ことば です。

「おかげさま」は、
「陰(かげ)」に「お」と「さま」を付けて、さらに丁寧にした ことば です。
「陰」というと、暗さやマイナスのイメージが強いかもしれませんが、本来は人に憩いを与えてくれるものです。
照りつける太陽の暑さから私を守ってくれます。
日陰の意味にとどまらず、苦境から守ってくれる、潤いをあたえてくれる、憩いの空間として「陰」は私を包んでくれています。
その心地よさにふと気付いた瞬間、「おかげさま」という想いが湧いてきます。

「おかげさま」
日々の生活の中、忘れたくない ことば です。
でも、忘れてしまうんですよね。
忘れてしまうけれども、だからこそ、ふと気づいた時に頭が下がる。手が合わさる。
頭を下げるのでも、手を合わせるのでもない。
自然と頭が下がる。手が合わさる。

この私に常に与えられている「陰」というはたらき。
求めるものではなくて、感じるもの。

« 人生は橋 | トップページ | ゴボウの豚肉巻き »

コメント

かつさん・・“自然と頭が下がる。手が合わさる。”これですねぇ。

おいら40年も人間やってるのに、なかなか丸く(大人に)なれません。
こんなんじゃダメって思った時から意識的に人とすれ違う時に頭をさげてみたり、誰かにほめられるようなことがあれば「おかげさまで」って言葉に出していたりしてます。
でも、心の中じゃぜんぜん頭をさげていないし、おかげまさまでとも思っていません。

その一方で本当に感謝してる時には「おかげさま」って感情をオモテに出せずにいたりします。
まだまだですね・・・はい。

☆ホッシーさん こんばんは
私も似たようなものですよ。
自分で文書を書いておきながら申し訳ないことですが…。
どうも表現が下手くそで。「おかげさま」って、うまく言えないのです。「ありがとう」や「ごめんなさい」も。
この一言が言えたら、人生変わっていたかも^^
なんて計らいがまったくない時に、ふと出てくる ことば なのでしょうね。「おかげさまで」って。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生は橋 | トップページ | ゴボウの豚肉巻き »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ