« ゴボウの豚肉巻き | トップページ | かたちのあるものと、かたちのないものと »

2006年2月21日 (火)

食べ方までも不器用なもので

お食事のことで もうひとつ。

食事を一品一品片付けながらでないと食べられない子どもが増えているということを聞きました。
お肉を食べて、お肉を全て食べ終えてから野菜を食べて、野菜を全て食べ終えてからお味噌汁を飲んで、お味噌汁を全て飲み終えてからご飯を食べる。
胃袋の中で、キチンと層が出来ていそうですね。肉の層、野菜の層、味噌汁の層、ご飯の層。
ある意味 とても真面目な子なのではないかとも思えますが^^;

そう言ってる私自身、そのような食べ方をしていました。ひとつひとつクリアしないと先に進めなかったのです。
スープを飲んで、ハンバーグを食べて、人参のソテェを食べて、ホウレン草のソテェを食べて、ポテトフライを食べてって。
自分でもこの食べ方はいけないなぁと思ってはいたのですが、学生時代に、一緒に食事をしていた友人から「消化によくないよ」と指摘されてから、意識して直しました(遅い?)。

それでも、肉と一緒にご飯を、野菜と一緒にご飯を食べてはいました。
このような食べ方をする最近の子は、ご飯までも それだけで食べると聞きました。ご飯だけって、食べづらいと思うけど。

どうしてそんな食べ方をしてしまうのでしょう。不思議ですね。
無理に治す必要はないと思いますが、消化にはよくないそうです。

今は その癖(癖なのかなぁ?)は治りましたが、
呑みに行った時に“遠慮のかたまり”を片付ける癖があります。
私の取り皿には、いろいろな品が少しずつのっかってます。

« ゴボウの豚肉巻き | トップページ | かたちのあるものと、かたちのないものと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴボウの豚肉巻き | トップページ | かたちのあるものと、かたちのないものと »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ