« お茶わんを割るのは洗う人だけ | トップページ | 「になる」と「でいる」 »

2005年12月24日 (土)

愛と思いやりの人

「サンタさんって本当にいるの?」
「愛とか思いやりって、目に見えないけど、実際にあるでしょう。サンタさんもそれと同じで、いるんじゃないかなぁ」

こういうお話が朝日新聞に載っていたと教えられました(実際の文章を読んでないので、内容が全然違うかもしれません)。

個人的には好きな受け答えです。お子様に通じるか否かはべつにして。
これを聞いて、「阿弥陀さんも同じだねぇ」と応えてしまいました。染まりすぎでしょうか^^;
    
     
一度ミサに行ってみたいんですよね。厳かな空間に身を置くというのはいいものです。ですが、只今風邪ひいて安静にしています(今年は何回風邪ひいたかなぁ)。
皆様、暮れのお疲れが出ませんように(−人−)

« お茶わんを割るのは洗う人だけ | トップページ | 「になる」と「でいる」 »

コメント

かつさん 風邪ですか、お大事に・・・
私も昨日一日風邪でダウンしてしまいました
(前日のお酒のせいかと思いましたがどうやら子供のお腹の風邪がうつったようです)

目に見えないけど確かにあるもの・・
そういうものの存在を信じる心って大切ですね。自分の子供にも、そういう気持ちを持ってもらいたいです。

年末年始はかつさんはきっと大忙しでしょうね。お体大事に、元気にすごしてくださいね♪

☆fairmoonさん こんばんは
「目に見えないけど確かにあるもの」
そういうものを信じる心って、だれの中にもあると思います。
だから「トトロ」とか「もののけ姫」のような宮崎アニメが人の心を引き付ける(「呼び起こす」かな)のだと思います。
そういう心があって、自分だけでなく他者を見る眼が養われていくのだと思うのだけど。
あるって信じてるんだけどなぁ…。

私もお腹の風邪でした。
fairmoonさんもお元気で。

こんにちは。
サンタはいるそうですよ。息子が見たって言ってました。しかも獣のように長い髭をはやしていたそうです。どんな獣だよって思わずつっこみましたが……。
しかし、こういう話をするとすぐに科学的合理性ってのを持ち出す人がいますよね。私はあれが嫌でねぇ。最近は科学者がずいぶんちまたに溢れているようです。私は科学の子としての才も乏しいですし、サンタはいると信じてない子どもは不気味ですし、ほっといてくれって言いたくなりますね。
サンタが実在するかどうかではなく、サンタがプレゼントを持ってきてくれたと喜ぶ心の問題なんでしょうね。すると今度は心理学みたいな話が出て来ちゃったりして、ますます話が噛みあわないということもあり、つくづくしゃれのわからん奴やと腹を立てる自分がいます。
昨日近所のお稲荷さんに息子と行ったら、彼は大きな声で「トトロに会わせてください」とお願いしてました。サンタの次はトトロです。お稲荷さん、どうか会わせてやってください。

かつさん、こんばんは

サンタクロースはいます。
見た!という証人もいます。
4才の時のうちの娘です・・ものすごく興奮しながら、どうゆう風に見えたのか・・・まくしたてるように説明してくれました。
きっと本当に見えたんだと思います・・おいらはあの時の娘の証言を信じます。

☆ケイスケさん こんばんは
☆ホッシーさん こんばんは

子どもの時はサンタさんに会えるのに、なぜ歳をとると会えなくなるんだろ。

サンタさんが「いる」とか「いない」とか言うけど、そういうことが話題になるという時点で、サンタさんは「いる」んですよね♪

クリスマスを過ぎて、2日しか経ってないのに、はるか昔のことのように感じるのは私だけでしょうか。もっとも、クリスマスの晩は風邪ひいて寝てたので、雰囲気を味わうこともありませんでしたが(かといって何かするわけじゃないですけどね)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お茶わんを割るのは洗う人だけ | トップページ | 「になる」と「でいる」 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ