« 人の振り見て | トップページ | 信じつづけていれば »

2005年11月20日 (日)

くたばっちまえ

先日、ご門徒のおばあちゃんから声をかけられました。
「副住職、お話したいことがあるんですよ」
「はい、なんでしょう」
「○○先生(名前は伏せておきます)って、お話の先生がいるでしょ」
「ええ、いらっしゃいますねぇ」
「その先生とお話をした時にね、『私はこれから年老いて、体も弱って、頭もボケて、生きていくのがツライ』って言ったんですよ」
「ええ」
「そしたら、先生、なんて言ったと思います?」
「なんて言いました?」
「『そんなに言うなら今すぐくたばっちまえ』って言われたんですよ」
(毒蝮三太夫さんじゃありません)
「…(笑いをこらえる)」
「私も『でも私、カッコよく死にたいんです』って言い返したんです」
「ええ」
「そしたら、『たいていの人はみっともなく死ぬんだよ』なんて言うんですよ」
「…(先生らしいなぁ)」
「その時は『この先生、なんてこと言うんだ!』って頭にきたんですけどね、それからいろいろと考えていたんです」
「うんうん」
「よく考えてみるとね、先生は当たり前のことを言っただけなんだなぁって気付いたんです。年取れば、頭も体も弱くなってくるし、死に方だって選べない。そういう当たり前のことから目を背けるなって先生は伝えようとされたんだなぁって思ったんです」
「うん、そうですね」
「『年老いて、体も弱って、頭もボケて、生きていくのがツライ』なんて、自分で自分の人生を狭めてました。その時の状態でもって、その時に出来ることをすればいいんですよね(笑顔)」
「今のお話を聞いたら、先生も喜びますよ。でも、そういうふうに思えるようになったのは、聞法を続けたからだと思います。先生に怒って、聞法を止めてしまっていたら、ずっと腹を立てたままでしたよ。怒りにまかせた考え方だけでなく、違うものの見方ができるようになったのは、聞法の場に出続けて、いろんな先生の話を聞いて、さまざまな生き方をしている人に出会えたからですよね」
「そう思います」
「自分の心境の変化をお話してくださってありがとうございます」
「これからも聞法の場を提供してくださいね」
「はい^^」
      
       
素敵なお話を聞かせていただきました。○○先生も真意が伝わって、喜ばれることと思います。ですよねぇ、先生!!


« 人の振り見て | トップページ | 信じつづけていれば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の振り見て | トップページ | 信じつづけていれば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ