« 兄貴として | トップページ | 本を読みませんか »

2005年10月27日 (木)

なにを急いでいるの?

《シーン》
京王線に乗っていて、
お母さんと娘さんが乗ってきました。

娘「この車両、何号車?」
母「4号車よ」
娘「よかった。電車がぶつかっても死なないね。
  死ぬのは1・2両車に乗ってる人だもんね」
       
聞くともなしに耳に入ってくる母娘の会話。
「えっ!そんなこと言うの?
 まぁ、子どもらしい素直な感覚なのかなぁ…。
 お母さんは諌めないのかなぁ」
なんて思いながら聞いていると、

母「バカねぇ。横から突っ込まれたら4号車だって死ぬわよ」

「えっ!!」(心の中の叫び)

娘「じゃぁ、いちばん後ろの車両なら大丈夫だね」
母「後ろから突っ込まれたら死ぬでしょうが」
娘「そっかぁ」

母娘の、この件に関する会話はここで終わり、まったく違う話題に変わりました。
お母さんは、娘さんの他の話しかけはほとんど無視してたのに、その話しかけにだけ丁寧に(?)応じてました。
    
《考えたこと》    
この会話の根底にあるものは何なんだろう。
事故が起きるはずがないという、根拠のない思い。
自分たちが事故に遭いさえしなければいいという、自己中心的な思い。
そんな思いが見えてきます。

JR西日本福知山線の事故から半年経ちます。
JRはさんざん叩かれました。JRは安全運転に努める義務があります。事故が起きたら、責任も取らなければいけません。
しかし、事故が起きた背景を見直すと、1分1秒の遅れも許さない私たちの責任もあると思います。しかも列車は過密ダイヤ。普段事故が起きないことのほうが不思議です。でも、事故が起きないことは当たり前だと思っているから、感謝の気持ちなんてないでしょう。で、ダイヤが乱れたり、事故が起きたりしたら、責任追及。自分には責任がないとでも思っているのでしょうか。
   
少しのタイムロスも許せず、便利さばかり追求し、それが崩れたら責任転嫁。
そんな私の姿を省みず、他に責任を押し付ける。
「自分を省みず、他人のせいにする」
列車事故の件に限らず、日常の私の姿です。
           
               
不思議に思うこと…        
交通の便が良くなれば良くなるほど、時間に追われている。
電車やバスに乗り遅れても、すぐに次が来るのに。
閉まるドアへ駆け込み乗車。ダイヤの乱れにイライラ。乱れてなくてもイライラ。

交通の便が良くないところへ行っても、イライラしている人は見かけない。
電車やバスに乗り損ねると、次までかなり待つのに。
次の電車(バス)を待ちますか。ダイヤが乱れても気にならない。
電車やバスの運転手さんが待っててくれることもある。
    
交通の便が良い方が、イライラする必要はないのに。
交通の便が悪い方が、乗り遅れまいと必死になりそうなのに。
おもしろい現象です。

« 兄貴として | トップページ | 本を読みませんか »

コメント

丁度半年が経って、風化しそうな事故をテレビやラジオで思い起こさせてくれたね。
日常とは皮肉なもので、やっぱり自分じゃなければ過去の事。悲しいかなそれが事実だと思います。

親子は多分、何気なく話していたんだと思うけど、きっと今の世の中自分の事でいっぱいいっぱいな人が多すぎるんだよね。
かくいう私も(笑)
どうしたら良いのだろう・・・・そう思うけど。どうにも出来ない現実があって。

かつさん、どうしたら良いと思いますか?
立ち止る度に、相手の立場に立つという事をしばし考えます。

☆ameさん こんにちは
そういえばameさんとは、列車事故の直後、この事故に関して語り合いましたね。
半年経って、思い出したようにテレビが事故のことを取り上げて。
で、この親子もテレビを見たんでしょうね。

「どうしたら良いのだろう」
私も考えることがあります。
結論としては、どうすることも出来ないのかもしれない。でもだからといって、なにもしないで良いというわけではない。
「立ち止る度に、相手の立場に立つという事をしばし考えます」
これしかないんじゃないでしょうか。
(ameさんが既に語ってることですね)
でも、立ち止まることが難しいんです。
考えるという意味でも、実際に立ち止まるという意味でも、その立ち止まる一瞬の時間が大切なんです。
その一瞬を見失うから、人生そのものを見失ってしまう。

そういえば、「ゆとり教育」とか「スローライフ」ということが言われましたが、最近耳にしなくなりましたね。
一瞬立ち止まることさえも許されない環境の中を生きてしまっているのでしょうか。

先ずは、私だけでも立ち止まることからはじめてみたいと思います。すべてはそこから。

かつさん、そうだよね。
私も同じ事を思いました。
大戸屋さんで話したこと、忘れてません。
あの社長さんの顔をヒサシブリにテレビでみて、
彼のこの半年に、少しでも休める時間があったら良かったなって。
そんな無責任な事をボーっと思ったよ。
痩せてないか・・・そんな事までマジマジとテレビで観て。

どうしたら皆が救われるのだろうね。
でもやっぱり、その立場にならないと絶対に分からない痛み。
祈るだけくらいしか私には出来ないんだろうなぁ。

☆ameさん こんばんは
足を踏まれた痛みは、踏まれた人にしか分からない。
踏んだ人には分からない。
踏んでいることさえも気付いてないかも。

人の痛みが分からない人にはなりたくない。
でも、知らないうちに人を傷つけてしまうことがあるということを忘れてはいけない。

皆が救われるって、
みんな楽しく♪ってことじゃなくて、
人の痛みが分かり合えるってことじゃないかな。
人の痛みが見えなくなっている。
そんな気がします(自分を含めて)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兄貴として | トップページ | 本を読みませんか »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ