« 暑さ寒さも | トップページ | 僕が僕らしくあるために »

2005年9月18日 (日)

中秋の名月

中秋の名月。満月が綺麗ですね。
月を眺めながら ふと思ったこと。

「満月というけれど、月自身は常に満月だよなぁ」
 月が実際に欠けたり満ちたりしているわけではありません。
 月自身は常に満月なわけです。

太陽の光の当たり方や、地球の傾きや、自分が立っている場所などなど、いろんな要素が集まって、月の見え方が変わっているわけです。
それに、人によっても見え方は様々。
満月が綺麗だなぁって感じる人もいれば、
何も感じない人もいるだろうし、
不快に感じる人だっているかも。
満月より三日月が好きって人もいるだろうし、
曇り空の中、時折顔を出す月がいいってこだわりがある人もいるでしょう。

月の実体はひとつだけれど、
見え方・感じ方は、見る人の数だけある。
   
「満月というけれど、月自身は常に満月だよなぁ」
って ふと思った瞬間は、「物事の本質が見えてないですよね」ってことを書こうと思いました。
でも、
物事の見方・捉え方は、人の数だけある。
そのどれもが正しくて、間違いなんてない。

本質が見えてないんじゃない。
見ようとしていないだけ。
感じるこころ、想像するちからが希薄になっているだけ。

何を見ても、何も感じないっていうのはつまらない。
感じるこころ、忘れずに。
想像するちから、大切に。

« 暑さ寒さも | トップページ | 僕が僕らしくあるために »

コメント

思わず笑ってしまいました(^_^;)
確かにお月様にしてみれば、★常にオレはま~るいんだよ!★って思ってるかもしれないですね。
十五夜が特別なのは、人間様だけなんですから…。
でもそう思うと、おかしな話ですね。

☆pazuhさん こんにちは
お月さんは「常にオレはま~るいんだよ!」
って怒っているかもしれませんね^^

年間12、13回満月はあるのに、なぜ十五夜は特別なんでしょうね?

特別な日を設けないと、忘れてしまうから?
敬老の日、父の日、母の日、子供の日…。
記念日好きですね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑さ寒さも | トップページ | 僕が僕らしくあるために »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ