« 人生をもう一度やり直せるとして、 | トップページ | 不思議な空模様 »

2005年9月 5日 (月)

愛は近きより

1997年9月5日 マザー・テレサが亡くなられました。
彼女が、貧しい人たちのために献身的に活動されていたことは多くの方が知っています。
マザー・テレサの活動に共鳴する方も多いことでしょう。

共鳴はするけれども、「でも、マザー・テレサのようなことはできません。なかなかあそこまでは。日々の生活もありますし…」という人も多いのではないでしょうか。

人に対して優しい活動をされている方に共鳴はしても活動が伴わない。そういう自分がはがゆくて、許せなくて…。
心の砂漠化を言われて久しいですが、このように はがゆい思いをしている人って、たくさんいると思います。
ただ、どうやって行動に移したらいいのか分からないだけ。
あるいは、いきなりマザー・テレサと同じ活動をしようとするから、なかなか初めの一歩が踏み出せないだけ。
あるいは、社会的に規模の大きな活動じゃないと、意味がないと思い込んでいる自分がいるだけ。

マザー・テレサのことばです。
一緒に住んでいたり、または血のつながった親族といった人たちに
ほほえみかけることは、あまり親しくない人々に対してほほえみかけるよりもむずかしい時があるものです。
「愛は近きより」ということを忘れないようにしましょう。

「見ず知らずの人に対する献身的な想い」
「多くの人に知れ渡るほどの活動」
そこにばかり目が行ってしまいますが、
「身近にいる人への、あまりに近すぎて埋もれてしまった想い」
「誰にも知られなくても、あなたの活動を応援してくれる人は必ずいる」
身近なところに、忘れていた大切な想いがあるのではないですか?
いきなり大きなことから始めようとしないで、身近な人を愛することからはじめて見ましょう。

映画「マザー・テレサ」を観にいくつもりで、まだ行ってません。
時間を作って行こうと思います。
観に行かれた方いらっしゃいますか?

« 人生をもう一度やり直せるとして、 | トップページ | 不思議な空模様 »

コメント

かつさん、お久しぶりです でも、毎日読ませて頂いています^^

昨日ね、ちょうど思っていたんです
ヒトに気を遣って、言いたいこともなかなか言えなくて じぶんを殺してしまう・・
それを克服していこうとしているわたしが、どうしてボスには当たったり、嫌味を言ったり(ある時は必要以上に 苦笑)できるんだろう・・・って
ここには、甘えがあるんだろうな そして、やっぱり気を許せる存在なのだろうな と
頭でわかっているのに、逆らうようなこと言った後に そんなことを思っていました
そして、いま、この記事を読ませていただいて・・・

「愛は近きより」 身近なヒトを愛することから・・ かぁ
そうなのですね
始めていきたいな と思った今です ^^

かつさん こんにちは

昔、まさにマザーテレサのようになりたいと
思ったことがありました。
何か「人のために」なることがしたくて
でも身近で何かするのでは満足できなくて
(といっても何かやってみたわけではありませんが)
大きなことばかり夢見ていました。
今思うと本当にそういうことを始めるのに
勇気がなかったんだと思います
わざと高いハードルを設けて、
実現不可能にしていたような・・・

「愛は近きより」
勇気のいることだと思います。
でも今、始めたいなと思います
できることを何かひとつでも。

映画の「マザーテレサ」、観たくて
観に行く方法を画策中です!

かつさん観たらぜひ感想聞かせて下さいね

またまたお邪魔します。
マザーテレサと言う人は、宗教も国境も越え、全ての人に献身的に接する事が出来た人なんですよね。
地球に住む人達が、みんなテレサのような心を持てたなら、戦争なんてやらないのに…
人に気遣えば、自分を殺してしまう…。
理屈はそうではないのでしょうが、そうなってしまうのも現実。
心が狭いと言うか、気が小さいと言うか…
でもみんな、そんな風にして生きてるんですよね。
私はマザーテレサのようにはなれないし、なろうとは思わないけど、それでも助けを求めてる人が居たら手を貸してあげる位の気持ちは持ちたいですね。
心が砂漠にならないように…
例え騙されても、けして騙す人間にはなりたくないですしね。

時間がある時にりるさんの所から飛んで来てましたが先程リンクさせて貰いました。
事後承諾で申し訳ありませんが宜しくお願いします。
また来ます(-人-)

良い記事だなぁ~^-^
さすがかつさん♪

マザーテレサさん、お名前はよく聞くけど、正直あまり知らない存在でした。人の為に力を尽くしてくれた方・・・・そのくらいの知識でしかなかったので。

美雨ちゃんが言うように、甘えがあってのワガママだったり、気を許す関係の愚痴だったり。
それも時には大切な場所だけれど・・・・心の芯の部分ではやっぱり感謝とか愛情とかを忘れてはならないなぁって改めて思い出させてもらいました。

で、最近は大戸屋さん出没してる?(笑)

身近なところからじわりじわりと広がっていくのが
本当の愛なのかもしれないなあと考えさせられました。

一番近いが故に、なおざりにしてしまっていることって
たくさんあるのに、そこに目を向けないで、
自分のちょっと外側の人によく思われようとか
優しくしてあげようとかと言うのは、
結局、自分のことしか考えていないんだなあと
反省することがたくさん思い浮かびます。

一番近くの人に優しくできないで、
私をとりまく人にばかり優しくしているというのは、
きっと、おてんとさまが、ちゃんと見抜いているんでしょうね。
今、私に起きていることは、巡り巡って、
自分のところに返ってきているのだなあと
思わずにはいられない記事だなあと思いました。

☆美雨さん お久しぶりです^^
夫婦 親子 兄弟 友人…
「近い人」って、本来なんでも言い合える存在なんですよね。
それ故に、助け合うこともあれば、衝突することもある。
でも今は、衝突することが恐くて、なにも言い合えないような。
ということは、助け合うという意識も希薄になっていくわけで。

ボスには当たったり、嫌味を言える。
お互いに愛あるがゆえです。うらやましいです。

「ヒトに気を遣って、言いたいこともなかなか言えなくて じぶんを殺してしまう・・
それを克服していこうとしているわたし」
言いたいことが言えなくて、そんな自分が嫌になったり、後悔することがあったり。
私もそういうことあります。でも、言わなくて正解だったってことも。
どっちが良いなんてことはないわけで、あまり無理して克服しようとしなくていいと思いますよ。
私も、自分を変えようと無理して、どうしたらいいか分からなくなったときがありました。今は「わが道を行く」です(人が恐れるほど)。

☆fairmoonさん こんにちは
なにか大きなことをしないと意味がないように思ってしまうんですよね。
で、結局なにもしていない。
反対に、大きな活動をして、なにもしない人を非難してしまう人もいます。
出来ることを無理なくです。
でも、苦しんでいる人がいることを知る、関心を持つということだけでも、愛の表われでは。
「愛の反対は無関心」これもマザー・テレサのことばです。
「愛」の反対は「憎」ではなく、無関心なことです、と。
知らないから仕方ないではなく、知る努力は惜しんではいけないと思います。
ホワイトバンドを親子でしてるだけでも、立派な愛ですよ。

「「愛は近きより」 勇気のいることだと思います」
fairmoonさん の記事、読ませていただきました。
つらかったでしょう。でも、よく書いてくれましたね。
スゥちゃんへの愛の表われだと思います。
「でも今、始めたいなと思います。できることを何かひとつでも」
既に始められてますよ。ハードル越えてますよ。
自分の知らないうちに^^

映画、観たいですね。

かつさん^^ ありがとうデス
いま、コメント書いてる途中でしょ^^
割り込んじゃった^^;

言わなくていいこともある・・ そうですよね
言えばよかったこと、言わなければよかったこと
全部 やっぱり わたしなんですよね
ただ、もうすこしラクになりたい
なんだろう・・いつも胸が詰まった感じ^^;

嫌われてもいいじゃん って 言ってもらって
ちょっとラクになったんです
悪意がなければ傷つけることがあっても
誤解が解けるって・・
100%ではないのだろうけど
胸を気持をほどいていくため、試行錯誤中^^
もし、あきらめてしまったら そのときはまた それでいいんだよって 認めてくださいね
(あまえすぎ? 苦笑)

☆pazuhさん こんにちは
マザー・テレサのことを調べててすごいなぁって思ったのは、その活動もですけど、
宗教を超えていることです。
自身はカトリック教徒で、神の思し召しを受けて、貧しい人々の救済を始めます。
貧しい人々を受け容れる際、宗教は問わないんです。
「当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、もしかしたら、一番難しく、
風当たりが強かったんじゃないかなって想像します。

「宗教を信じていて、なぜ戦争が起こるの?」
こういう質問をされることがあります。
でも争いを起こしているのは、宗教ではなく、私たちの心なんだと思います。
自分が信じているものが絶対だと思うから、他のものが偽者・頼れないもの・危ないものだと判断してしまいます。

マザー・テレサにとって神は、きっかけを与えてくれるもの、道を示してくれるものだったのでしょうね。
神が見守ってくれているという思いを抱きながら、自分の道を歩まれたのだと思います。そこにはつらい思いをすることもあります。
宗教が、よりよい生活のためのものだという思ってしまうと、不信感や、他の宗教の批判につながります。
宗教が自分の歩みの支えだと思えば、生活は変わらなくても、生き方は変わって
くると思います。他を責める必要もなくなります。

リンク、ありがとうございます。
エキサイトから外部リンク貼るのって大変なんでしょう?
お手数おかけしました。
(-人-) ナームー

☆ameさん こんにちは
ほめられちゃった♪

「心の芯の部分ではやっぱり感謝とか愛情とかを忘れてはならないなぁって
改めて思い出させてもらいました」
そうですね。
最近も、某野球部の部長の体罰騒ぎがあったじゃないですか。
その時、どこまでが愛情でどこまでが暴力かってテレビで取り上げていたけど、
心の芯の部分に感謝とか愛情があるかっていう話だと思います。
感謝や愛情があれば許されるってことが言いたいんじゃなくて、
心の芯の部分に感謝や愛情があれば、
テレビでわざわざ取り上げられることもないんだよなぁって思ってました。
つまり、日々の私たちの問題ですよね。
某野球部だけの問題じゃなくて。

大戸屋さん、最近よく行きます。
どこでご飯食べようか迷ったら、大戸屋さんに足が向いてます。
ameさんに刷り込まれてしまいました^^

☆りるさん こんにちは
りるさんのブログの寄ってきたところです。
遠い故に近づきたくて、近い故に遠くなっていく。
人間って、夫婦って、複雑ですね。

「今、私に起きていることは、巡り巡って、
自分のところに返ってきているのだなあと」
今の自分を非難されていませんか?
「返ってきている」って表現が、しっぺ返しのような印象を受けたもので。
(違ったらごめんなさい)

私の身に起きてることは、返ってきてるというよりも、
つながっているんだなぁって、自分(かつ)のことを思い返しています。
(違いが伝わらないですよね)

「愛は近きより」
ここまでコメントのお返しを書いてきて気付きました。
近い人への愛って、「夫婦 親子 兄弟 友人…」を想像したけど、
自分自身への愛を忘れてました。
自分が可愛いとか、自己弁護とか、自己中心的な愛じゃなくて、
自分を愛することから、身近な人への愛は始まるんだなぁって。
(これも違いが伝わらないですね。表現が下手でごめんなさい)


☆美雨さん お待たせです
はい、コメント書いてる途中でした^^
「もうすこしラクになりたい」感って、誰にでもあるんじゃないかなぁ。
それを溜めてしまうか、うまく出せるか。
このブログを読んでホッとするなら、
コメントすることがラクになるのなら、
いくらでも甘えてくださいませ。
私もみんなのブログ・コメントに癒されてますから。

☆いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
自分で記事を書いていて、
「お前がそんなこと言えるのかよぉ!!」
って思う時があります。
今回の記事がまさにそれ。

それなのに、たくさんコメントいただいて、みなさんそれぞれ自分を振り返られて。
私自身も、コメントによって自分を振り返り、見つめなおし、しています。
アイタタタ…ですけど。

でも、アイタタタ…って思えるのも、関係があるからこそなんですよね。

かつさん ありがとうございました
そんなふうに言ってもらえて涙が出ました

長々と書いたものを読んで下さって
ありがとうございました

子供や家族や周りの人が幸せに笑っていてくれるのは
自分にとっても幸せなことですが
そのためには自分自身も笑っていることが必要なんだと気づきました

「自分を愛することから、身近な人への愛は始まる」
自分のことをもっと見つめて愛していかなくちゃです。

☆fairmoonさん こんばんは
人は自分の鏡だと、自分に言い聞かせています。
暗い顔をした人がいたら、自分が暗い顔をしていたんだ。
笑顔の人がいたら、自分も笑顔だったのかもしれない。
そんなふうに思っています。

いつも笑顔でいたいものですね^^

かつさん、ちゃ~んと伝わりましたよ。大丈夫^^

今は、あまり自分のことが好きじゃないなあって感じています。
というのは、自分で自分がどうしたいのかみつからないままだから。
だからかな、無意識だったのですが「返ってきている」って表現してしまったのは。。。
かつさん、鋭すぎです。
どんなに困難でも、自分が納得した目的が見えれば、また違うふうに自分をみつめられるのかもしれませんね。

でも、たしかに。返ってきているのではなくて、つながっているというのは、すごくよくわかります。
「あんなことがあったから、今、こう思えている」
そう思うと、感謝の気持ちも湧いてきますね。

私も、自分をしっかりと愛せる人になりたいです。
そもそも「愛すること」というのが、いまいちわからなくて。
ずっと自己中心でやってきた私には、大きな試練になりそうですね。
まずは、自分を好きだと思えるところから始めたいと思います。

☆りるさん こんばんは
メッセージが伝わったみたいでよかったです^^
うん、つながりの中を生かされているんですよね。
そこから自分の身に起こる出来事を考えないと、
「なんで?」「どうして?」って愚痴だけしか出てこない。
前へ進まないですよね。

「愛すること」…そういえば、私も分からない。
試練というより、課題として歩いていきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生をもう一度やり直せるとして、 | トップページ | 不思議な空模様 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ