« 「〜に」の宗教 | トップページ | やすらかに眠らずにいてください »

2005年8月 6日 (土)

一本の鉛筆

  一本の鉛筆
    (歌・美空ひばり 作詞・松山善三 作曲・佐藤勝)

   あなたに 聞いてもらいたい
   あなたに 読んでもらいたい
   あなたに 歌ってもらいたい
   あなたに 信じてもらいたい

   一本の鉛筆が あれば
   私はあなたへの 愛を書く
   一本の鉛筆があれば
   戦争はいやだと 私は書く

   あなたに 愛をおくりたい
   あなたに 夢を送りたい
   あなたに 春を送りたい
   あなたに 世界をおくりたい

   一枚のザラ紙が あれば
   私は子供が 欲しいと書く
   一枚のザラ紙が あれば
   あなたをかえしてと 私は書く

   一本の鉛筆が あれば
   八月六日の 朝と書く
   一本の鉛筆が あれば
   人間の命と 私は書く

「一本の鉛筆」は第1回広島平和音楽祭(1974年)で美空ひばりさんに歌われました(音楽祭で歌われるために作られたそうです)。
大きな組織・国が起こしたこと(戦争など)に対して、人ひとりの力ではなにも出来ないのかもしれない。
でも、一本の鉛筆があれば「戦争はいやだ」「人間の命」と書くことはできる。

はるか昔のこと、遠い国のこととして戦争を見るか、
今現に、身の回りでも起こりうることとして受け止めるか。

核爆弾を止めることが出来るのは、一本の鉛筆なのかもしれない。

« 「〜に」の宗教 | トップページ | やすらかに眠らずにいてください »

コメント

「一本の鉛筆」、ネット上で探したら曲を聞くことができました
意外にも明るい感じの曲調でした

ただ悲しむのではなく、恨むだけでもなく
「戦争はいやだ」とあとの人たちに伝えようとする
力強さみたいなものを感じました。

「戦争はいやだと書く」
心に思うだけでなく、私も「書いて」みたいです

☆fairmoonさん こんにちは
「戦争はいやだ」とあとの人たちに伝えようとする

私たちが「戦争はいやだ」のバトンを先を行く人たちから受け取り、
あとの人に伝えていく。
バトンのリレーを絶やさないようにしなくてはいけませんね。

 はじめまして、私もひばりさんを尊敬するひとりです!
あの素晴らしい歌声や俳優としての才能には脱帽ですね、女王ひばりはこれからも人々を魅了し続けることでしょう~、私もブログでひばりさんについてふれました、よかったら遊びにいらして下さいね~、ではまた!

☆ルーシーさん はじめまして
5月29日はひばりさんのお誕生日だったのですね。
亡くなられてから17年ですか。
しょっちゅうテレビで拝見するので、そんな前とは思えませんでした。
今でも歌い継がれ、語り継がれるひばりさん。歌声から 生きるんだ!!っていう腹の底からの叫びが伝わってくるような気がします。

ブログ拝見させていただきました。
想い入れが伝わってくる絵です。
スッとその人に感情移入してしまいます。
またお邪魔しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「〜に」の宗教 | トップページ | やすらかに眠らずにいてください »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ