« ムシできない | トップページ | 2005年8月のことば »

2005年7月30日 (土)

規格外

友人から電話がかかってきて、
友人「実家からメロンが送られてきてさ。食べにおいでよ。
    売り物にしない規格外のだけどね」
私 「へぇ〜。規格外って?」
友人「網目がきれいに入ってなかったり、
    大きすぎたり、小さすぎたりしたやつ」
私 「ふ〜ん。そんなことぐらいで省かれるんだ」
友人「そうだねぇ・・・」

メロンに限らず、スーパーに並んでいる果物・野菜はきれいに形がそろっています。当然、形が良い物を選りすぐっているわけです。
形がそろっているほうが箱詰めしやすいという物理的事情はあるけれど、やはり消費者の要求ですよね。見た目イビツなものより、きれいなものを欲しがる。そっちの方が美味しく思えるのかな。味は違わないのにね。

いいものを求める。そろったものを求める。
果物・野菜に限った話じゃない。人間相手にもそういうことを求めている。
自分の求めるものでない場合、つまはじきにしてしまう、認めない、自分の理想に近づけようとする。

選ぶ私がいるということは、選ばれる私がいるということ。
だから、少しでもよく見せたがる。他者とズレることを恐れてしまう。必要以上に周りの人を気にして、必要の無い労力を使っている。
メロンはそんな気遣いや労力は使わないよなぁ。スーパーで売られるために、規格外にならないために、見栄えをよくしようなんて。

見栄えが悪くても、美味しいものもある。
見栄えはいいけど、味が悪いものだってあるし、中身が腐ってる場合もある。

あっ、メロンのことですよ。

« ムシできない | トップページ | 2005年8月のことば »

コメント

かぁつさん^^
いやいやぁ~、もうかつさんの所に駆け込もうかと思っていたよ(笑)あっ、駆け込み寺ぢゃないって!?^^;

本当は人間に規格なんてないのにね。
箱に詰まるわけでもないし、人と自分はまったくの違うDNAを持って生まれてきたんだもん。
分かり合うために生きているって言っても過言ぢゃないのに・・・・。それなのになんで合わないと切り捨てたがるんだろう、人って。
自分が基準で、規格ピッタリだと思っている傲慢さがそうさせるんだろうなぁ。
少しでもそうならないように、そうホンノ少しでもそうならないように・・・心がけていきたいです。

☆ameさん おひさしぶりです^^
少しは元気回復しましたか?
ブログのこっち側から見守ることしか出来ませんでした。
ゴメンね。
いつでも駆け込んでくださいませ。

私「規格外」というお言葉(?)を頂戴することがありますが、私的には誉め言葉だと思っています。
「人と違っていいじゃない♪」ってね。
こんなこと言うから「規格外」扱いされるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムシできない | トップページ | 2005年8月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ