« 花を見る 花も見ている | トップページ | 秋桜 »

2005年6月11日 (土)

幸せになろうと思わないで下さい

 幸せになろうと思わないで下さい
 幸せをつかみに行って
 幸せをつかんだ人は1人もいません
 幸せは感じるものです

  (武田鉄也さんから杉田かおるさんへの結婚お祝いメッセージ)

幸せは、人に与えるものでも、人から与えられるものでもない。
今すでにここにあるもの。
感じる心があることって、幸せなことなんだ。

感じる心
喜怒哀楽を感じる。
 生きるって、必ずしもhappyなことばかりではない。
人の痛みを感じる
 人と、まったく同じ痛みを感じることは不可能なこと。
 だけど、人が傷ついていることに気付くことはできると思う。
人の喜びを感じる。
 人の喜びを、自分のことのように喜ぶのって、人の痛みを感じること
 以上に難しい。

幸せは感じるものです
 幸せと思えるものを選び、感じるということではない。
  それは、幸せをつかみに行くのとおなじこと。
 感じる心を“幸せ”って言うんじゃないかな。
  “幸せ”には、喜怒哀楽すべての感情が含まれている。
  喜怒哀楽すべての感情が…

« 花を見る 花も見ている | トップページ | 秋桜 »

コメント

まったく同感です^^
>人が傷ついていることに気付くことはできると思う。
マザーテレサはずっとそうだったんですよね。
いいときほど人の傷に気付ける感性でいたいです。
でもぼくにはどうしてあげることがその人を励ませるのか
たまに間違ってしまいます。
その人に合わせた励まし方がありますよね。

>喜怒哀楽すべての感性
どんな悲しい出来事も
静かに受け止められる感性でありたいです。
きっといつも後から気付くものだから。

ほほえみ ふれあいを 忘れた人がいます。
これはとても大きな貧困です。
              マザーテレサ

一哉さん こんばんは
ブログ素敵ですね。音楽も流れて。
センスのいい喫茶店みたいです^^

私が落ち込む状態になるときは、
決まって「感じる」ことができないときです。
目の前の出来事が、素通りしていくような感じ。
嬉しいも悲しいも何も感じられなくなると
自分がどう生きているのか見えなくてつらくなってきます。

だから、この言葉、すごく心に沁みました。

「幸せは感じるもの」
どんな感情も「感じる」ことができる今に
感謝していきたいものですね。

幸せだから感謝するのではない
感謝しているから幸せなのだ


りるさん こんばんは
りるさんは感じる心いっぱいいっぱい持ってます。
私に何か出来ることないかなぁって、そんなに背負わなくてもいいですよ。「気にしてくれる人がいる」ということだけで、それだけでうれしいから。伝わっているはずだから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花を見る 花も見ている | トップページ | 秋桜 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ