« 海 | トップページ | 幸せになろうと思わないで下さい »

2005年6月10日 (金)

花を見る 花も見ている

花を見る 花も見ている
子を見る 子も見ている
仏を見る 仏も見ている

私が花を見ている
私が子の面倒を見ている
私が仏を拝んでいる

つい、私を中心に考えてしまう。一方通行。
自分の調子がいいときは、スイスイ進めるかもしれないけれど、つまづいた時は、なかなか元に戻れない。

花が見ている
子が見ている
仏が見ている

見られている私がいる。双方向。
ぶつかることもあるけれど、自分の調子が落ちた時、相手が助けてくれることもある。

自分がやっているって気でいるけれど、知らず知らずに助けられている。

なんで自分が見ることが出来ると思いますか?
自分が見るのに先立って、見られている、守られているからなんです。

追伸
人生に問いを持てるのは、問いを投げかけられているから。

« 海 | トップページ | 幸せになろうと思わないで下さい »

コメント

は っとさせられました
今日は その教え いただいて 一日過ごしてみます
また昨日とは 違うことを発見できそう

かつさん 今日も ありがとうございます

美雨さん おはようございます
昨日と同じ今日はない
日々発見ですね
私も この教えを胸に一日過ごしてみます
(自分で書いてて忘れちゃう時があるんですよね)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海 | トップページ | 幸せになろうと思わないで下さい »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ