« 欲望がないという欲望 | トップページ | なるほど »

2005年6月26日 (日)

もうけつしてさびしくはない

   もうけつしてさびしくはない
   なんべんさびしくないと云つたとこで
   またさびしくなるのはきまつてゐる
   けれどもここはこれでいいのだ
   すべてさびしさと悲傷とを焚いて
   ひとはとうめいな軌道をすすむ

                 (宮沢 賢治「小岩井農場」より)

  さびしくない、さびしくない、さびしくない…
  言えば言うほどさびしい
  でも、これでいいんだ
  さびしい感情を消して、私はどこへ向かおうとしていたんだろう
  さびしい感情を無くして生きてみたところで
   私は誰と出逢おうとしていたのか
  さびしい感情を持ってこそ生きられるのではないか
   同じようにさびしさを抱えながら生きている人との出逢い
   さびしさを全て共有することはできないけれど
    さびしさに思いを寄せることならできるかも
  さびしさ消してどこへゆく
   さびしさ抱えて生きていく
  
  さびしさ抱えて生きていく
   けれども これでいいのだ
    守りのはたらきにつつまれて
     とうめいな道を行く

« 欲望がないという欲望 | トップページ | なるほど »

コメント

何故さみしいのか。どうしたらさみしくないのか?

さみしいのならさみしいと言えばいいのだと思います。
隠してしまうから余計にさみしいのだと思います。
この間、名前まちがってましたね。www

☆こんにちは コメントありがとうございます。

お名前間違えてました?!
ごめんなさい
morifumiさんでよろしいのでしょうか。
失礼しました。

寂しいです^^
けれどとうめいな道を笑って歩きたいなぁ♪

☆一哉さん こんばんは
 とうめいな道、一緒に歩きましょう。
 いや、すでに歩いているんですよね。一緒に^^

かつさん、一哉さん、私もお供させてもらってもいいですか?

さびしさは、消そうとしてはいけないですね。
消すのではなく、感じる。
今はさびしいのだと深く感じて、深くさびしがる。
さびしいことだって、大事な感情なのだと、
さびしい中で自分の状態に気づいていく。
気づくまでさびしがる。
さびしがって、さびしがって、さびしがって・・・・・・・
そんなことをしているうちに、ほら、もうさびしくなくなってきた(笑)

かつさん、ありがとう。

☆りるさん こんにちは
さびしさは、消すのではなく、感じる。
さびしいことも かなしいことも、楽しいことも うれしいことも、みんなみんな思いっきり感じたい。ドップリつかってみる。
いつの日か、笑える日が来るから。必ず来るから^^

とうめいな道、一緒に歩いていきましょうね♪

かつさん
温かい言葉、ありがとうございます^^
りるさん
お供だなんて、桃太郎みたいになってきましたね(笑
ぼくは犬でお願いします♪

とうめいな道、すべての人の道が横に繋がってるんですね

☆一哉さん おはようございます^^
桃太郎、私も想像してました。
桃太郎と、犬も猿も雉も、そして鬼も一緒に歩いていきましょう♪

かつさん、一哉さん、
じゃあ、私は、キジっていうことで。。。(笑)

鬼も一緒っていうのがいいですね。
かつさんの心の広さが感じられます♪

☆りるさん♪
すると私はサルですね
いえいえ、鬼って私なんです^^(←目じゃなくてツノです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欲望がないという欲望 | トップページ | なるほど »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ