« 父の日 | トップページ | 100万人のキャンドルナイト »

2005年6月20日 (月)

情けは人の為ならず

情けは人の為ならず
ご存知の方も多いかと思いますが、「情けは人の為にならない」という意味ではありません。
元々は「情けは人の為にあらず」で、「為ならず」に変化しました。
「にあらず」→「ならず」
〔niarazu→narazu (iaと母音が重なるのでiが消えて、narazuと変化)〕

つまり、「情けをかけるのは、他人のためではない(自分のためである)」という意味です。

「自分のため」というと、自己満足・自分勝手・自分さえよければ的に
聞こえてしまいますが、そういう意味ではありません。
人に何かをしてあげる・してもらうというと、どうしても、そのお礼や感謝の気持ちのことまで考えてしまいます。つまり、損得勘定が付きまといます。ですから、「自分のため」なんていうと、傲慢に感じてしまうわけです。
損得勘定と表現しましたが、「情け」に対して、いろいろと考えてしまいます。
 人に情けをかける場合、
 自分に余裕がなければ情けはかけられません。
 どんなに誠意を持ってしても、相手に伝わるときもあれば、
 伝わらないときもあります。
 人に情けをかけられた場合、
 それが同情だったのかどうかなんて、どっちでもいいじゃないですか。
 優しい気持ち・うれしい気持ちをもらえたわけですから。

でも、どちらの場合も、相手のことを考えることにつながりますね。
人の哀しみに気付ける速さで」歩いているってことですよね。

自分のための情けが、めぐりめぐって、人のためになるんですよね。

« 父の日 | トップページ | 100万人のキャンドルナイト »

コメント

☆一哉さんへ
 勝手にリンク貼っちゃいました。ごめんなさい。
 「本当のマイペースは上手く笑えない人に歩幅を合わせることで     自分を犠牲にすることなんですよね
  きっと見守りの存在も、
  こんなぼくに歩幅を合わせてくれてるようです^^」
  大切なメッセージを頂戴しました。

☆美雨さんへ
 「ベアの彼女から、また思い出したはなし・・」
 を読ませていただいて、感じたことを書きました。
 初老のご婦人にも美雨さんの優しさが通じたんだし、
 美雨さんにもご婦人の優しさが伝わったんだろぉなぁって思いました。

かつさん^^ おはようございます

自分の名前をここで見つけて 
ちょっとどきまぎしたわたしです 微笑

かつさん、かつさんに いつだったか 美雨さんは美雨さんのままで、自分らしくいればいいってメールもらいましたよね
あのときは、うなずきながらも心から受け入れることができませんでした
でも、夜中にブログに書いたのですが 今の心境としては わたしは、わたしが感じたとおりでいいんだなって・・・
ブログというこの世界は 発信するという時点で、ん、確かに放っておいてほしいだけのヒトもいるかもしれないけれど 何かを求めているヒトがほとんどだと思う ヒトとの関わりを
そう、そして、ガレージセールでわたしが感じたように 感じようとしているヒトは 発信する側の気持を選びながら自分の色に変えていけるのではないか・・そう思ったのです
発信する側に 愛がある以上 それは伝わるのではないかと・・
あらゆる誤解を恐れて 怖がっていては 届かない思いがそこで死んでゆく
それは、あまりにも 寂しいのではないかと・・
もちろん、もういらないってヒトにまで 押しつけるのはどうかと思うのですが・・・
たとえば、かつさんがここでわたしにコメントをしてくれたように
そして、わたしがここで読ませていただいて受け取ったように
そんな思いの発信の仕方なら、受け取り方も選べるのではないかと・・・ある方の行動をみて 思いました
自分の思いを殺していた最近のわたし 苦笑
でも 自分が大切だと思える気持は 発信していこう そう 思いました 微笑

ながながと・・それも 支離滅裂だけど 伝わっているでしょうか 苦笑

☆美雨さん こんにちは
勝手にメッセージを発してしまってごめんなさい。

「自分は自分のままで、自分らしくいればいい」
受け取り方によっては、とてもワガママなセリフです。
心から受け入れることができなくて当然ですよ。
スッと受け入れてしまえた方が危ういかも^^;
自分は自分でしかないということですよね。

「あらゆる誤解を恐れて 怖がっていては 届かない思いがそこで死んでゆく」
「自分が大切だと思える気持は 発信していこう」
結果を気にすると、一歩が踏み出せない。
一歩踏み出さないと、なにも変わらない。
そういうジレンマを生きています。私も。

おいしい珈琲がのみたいな♪

うん、入れますね 
わたしも 今 飲もうと思ってたところ 微笑

今日は、甘いめ で いいですか

はい、お願いします^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父の日 | トップページ | 100万人のキャンドルナイト »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ