« こころのあめ | トップページ | 善魔 »

2005年6月17日 (金)

ママ

   ママ     (田中 大輔 3歳)

 あのねママ
 ボクどうして生まれてきたのかしってる?
 ボクね ママにあいたくて
 うまれてきたんだよ
                      (川崎 洋『おひさまのかけら』)
 
出会いって、こういうことが言えることかな。
 あなたにあいたくて
 うまれてきたんだよ

毎日顔をあわせていても、会えたとは言えない関係もある。
たまにしか会えなくても、心が通じている関係もある。
死に別れた人とでも、この人と出会えてよかったという思いがあれば、常に一緒ににいるようなものだと思う。
そういう関係もある。

なにを書いても敵わないですね^^
田中 大輔君の詩をお味わいください。 


(注)『おひさまのかけら』 川崎 洋
読売新聞に「こどもの詩」というコーナーがあります。その選者・論評をされていた川崎洋さんが20年分の詩の中から、選りすぐった詩が載せてあります。

« こころのあめ | トップページ | 善魔 »

コメント

かつさん、こんばんは^^
私も川崎洋さんの子供の詩を集めた本は大好きです。
もう、降参ですって感じになっちゃうぅ。
先日は「たいようのおなら」を熟読しました。
のはらうたも大好きで、そういうモノに触れると、心がホッとする自分がいます。

子供の目は澄んでるね。
子供の言葉は飾りがないね。
だから人の心を打つんだろうなぁ。
シンプルって大切だな・・・って思う瞬間です。

☆ameさん こんにちは
 ホント、降参ですって感じです^^
 シンプル イズ ベスト ですね。

 追伸
 野茂さん やったぁ!! です
 過酷な方 過酷な方を選ぶ人がここにもいましたね
 う〜ん、カッコイイです (b^ー゚)
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こころのあめ | トップページ | 善魔 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ