« ハーモニー | トップページ | もっともよい復讐の方法は… »

2005年5月10日 (火)

ハーモニーを奏でられない

ハーモニー(調和)について、もう一考。

地球上には多くの生物が生息しています(話が大きくなりすぎました?)。
地球上には150万余種の生物が生息しているそうです。これらの生物が、自分の生息範囲を競っていては、お互いに潰し合いになり、結局はすべてが滅びてしまいます。
自然界は弱肉強食のイメージがありますが、本当に強いものだけが勝ち残っていくシステムならば、一瞬の栄華は極めるでしょうが、結局はその強い生き物も滅びてしまいます。食料となる動物や気温を調節してくれる植物が無くなってしまうわけですから。
でも現実には、多くの生物が生息している。これは、棲み分けがちゃんとされているからです。棲み分け、自分の生きる分限を守って生きることです。自分の与えられた場で、必要最小限の食物で生きていく。自分の領分を越えてしまうということは、最終的には自分で自分の首を絞めることになります。
地球上に生息できる生物の絶対数は決まっているということを聞いたことがあります。つまり、特定の生き物の数が増えるということは、他の生物の数が減る、或いは絶滅に追い込むということになるわけです。

生きとし生けるものの声を聞く努力をしないと、きれいなハーモニーは奏でられません。
ハーモニーの輪から外れるということは…

« ハーモニー | トップページ | もっともよい復讐の方法は… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハーモニー | トップページ | もっともよい復讐の方法は… »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ