« 経教は鏡の如し | トップページ | 感謝について »

2005年5月20日 (金)

恩について

ひとつの恨みで、とおの恩を消し去りますか
ひとつの恨みで、とおの恩を強く感じますか

誰にだって、恩を受けている人はいるものです。
親であり、先生であり、先輩であり…。
目上の人ばかりとは限りません。子や生徒、後輩から恩を受けていることもたくさんあります。
私が教えている・育てているという意識からは、年少者から恩を受けているなんて思いもしないでしょうけど。
教える・育てることによって、教えられる・育てられるということがあるわけです。
家族もそうですね。近い人間なだけに、恩のやりとりがあるなんて忘れてしまいがちですが、実は常にお互いに恩を与え合っているんですよね。

恩を受けて生きている私ですが、たくさんの恩を受けているにも関わらず、恩を与えてくれているその人が、たったひとつ、自分に嫌な思いをさせた時、あなたはどのように感じますか?
「そんなことをする人だとは思わなかった」「信じていたのに」「裏切られた」と怒ってしまいますか?
ひとつの恨みで、とおの恩を消し去りますか?
「なにかの間違いだろう」「こんなことを気にする以上に、この人からはたくさんの恩をうけているなぁ」と許せますか?
ひとつの恨みで、とおの恩を強く感じますか?

恩を感じるほどの人ですから、付き合いも深いことと思います。
ということは、接する機会も多いわけですから、どんなに恩を受けた人であっても、不快な思いをさせられることもあるでしょう。
そんな時、今まで受けてきたたくさんの恩を忘れて腹立たしく思ってしまうのか、それとも、一度不快な思いをしたことによって、それまでの恩を改めて強く思い起こすのか。
あなたはどちらですか?


« 経教は鏡の如し | トップページ | 感謝について »

コメント

わたしの場合、まずは落ち込みます
あの人が そんなヒトだったなんてショック・・って かなり、心をやられます
ただ、その後、少し心に余裕ができたとき
あれ?でも あのヒトが言うくらいだもの、何かあるのかも
ん、もし意味がなかったとしても、あんなことした自分を
後から後悔しているのかも
あのヒトだって人間だもの それってかえって親近感^^
そんな風に 思考がつながっていきます
もしかしたら、これは 自分の気持を楽にするためかもしれないし
もしかしたら、まちがいを起こしたとき 自分のことも
そんな風に 許してほしいからなのかもしれない
でも、やっぱり あのヒトを そのひとつの行いで
ステキなヒトの範疇から外してしまいたくありません 欲張りなのでしょうね
嫌いなヒトの中にも、ステキな部分を見つけて嬉しくなったり
ん、おひとよしと言われても、好きなヒトは多いほどいいです、わたし
あ、恩というところから外れてます?
でも、好きなヒトっていうだけで それは恩を受けてますよね
だって、人間 『こんなヒト』なんて一言で あらわせるはずないですものね

もしかしたら、これって 弱いだけとも言えるかな
ん、いいの それでも わたし たぶんこのまま 微笑

「微笑(みしょう…仏教読み)」
自分の生まれた意義を発見したときに、微笑が出るって言われているんですよ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経教は鏡の如し | トップページ | 感謝について »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ