« 人によるストレスは、人によってしか解消されない | トップページ | 生きとし生けるもの いづれか歌をよまざりける »

2005年4月12日 (火)

苦しみの果てに誰かを傷つけるのは、もっと苦しいこと

苦しみは人それぞれ
苦しみの内容も程度も許容量も
でも、苦しみの果てに誰かを傷つけるのは、もっと苦しいこと

〜苦しさの対処法〜
人と話す。
今の思いを書き出してみる。
ジッと受けいれ、もがき苦しむ。
じきに訪れるであろう楽しいことを思い描く。
「自分より苦しんでいる人がいるんだから、私も頑張らなくっちゃ」と自分を励ます。
誰かを傷つける。

「苦しさの対処法」
今思い浮かんだままを書きました。あなたの対処法は?

苦しさは、結局は自分が背負うしかないこと。でも、話を聞いてくれる人、同じ苦しみを体験している人との出会いは、苦しい思いを軽減してくれる。そういう人は必ずいる。
人によるストレスは、人によってしか解消されない。
誰も助けてくれないというのは、自分で壁を作ってしまっているのでは。心当たりはありませんか?


哀しいのは、苦しみの中を生きていくことではない
苦しさの果てに誰かを傷つけてしまうこと
そのことこそ哀しくて、苦しくて、

「誰かを傷つける」
“誰か”って、自分も含んだ“誰か”ってこと。
“傷つける”って、実際に傷を負わすことだけじゃない。羨んだり、恨んだり、無視したり…。

誰かを傷つけていませんか。
自分が苦しいからといって、誰かを傷つけることが許されるわけはない。
そのことを忘れているなぁということを、窓の外、雨の降る景色を見て、思い浮かびました。

« 人によるストレスは、人によってしか解消されない | トップページ | 生きとし生けるもの いづれか歌をよまざりける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しみの果てに誰かを傷つけるのは、もっと苦しいこと:

« 人によるストレスは、人によってしか解消されない | トップページ | 生きとし生けるもの いづれか歌をよまざりける »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ