« 仏教青年会 | トップページ | 汚れちまった悲しみに »

2005年4月22日 (金)

ボウズ

昨日西蓮寺で副住職の会合があり、会終了後居酒屋に行きました。
烏山に珍しい名前のお店があり、前々から一度は行ってみたいなと目をつけていたお店でした。
お店に入って、注文して、お酒も料理もおいしくいただきました。
お勘定のとき、「お店の名前の由来は?」と聞くと、
お店のお兄さん「見習いのことをボウズって言いますよね、いつまでも初心を忘れないようにってことです」
フ〜ン、なるほどぉ
続いて言いました「それと、ボウズ丸儲けって言いますよね、それにあやかってですかね」
ハァ、そうですか…

坊さんって、丸儲けしているように思われるんですかね。お寺からお給料をいただいて、ちゃんと税金も納めてるんですけどね。 寂しい気持ちでお店を出ました。酔いも醒めてたりして。
発言には気をつけたいものですね。話している相手が、その当人であったり、身内や友人だったりすることってありますから。
お兄さんも、まさか我々が坊さんだとは思いもよらなかったでしょう。
あっ、坊さんて分かってて言ったのかも。「お前ら、もっとガンバレよ」って。
ハイ、頑張ります。

カテゴリー「つぶやき」じゃなくて、「ぼやき」ですね。

« 仏教青年会 | トップページ | 汚れちまった悲しみに »

コメント

こんばんわ^^
調子に乗って話しすぎて、後から は っとすることがあります 
ということは気付かないうちに、ヒトを傷つけたり、不快にさせていることがあるんだろうなと思いました

  人の心を 傷つけずに済む道があるとすれば
  自分がモノ言わぬ 石ころになること
  それしか 思いつかない

さだまさしさんの あすなろ という歌だったと思います
この歌のように、話すのがとても怖いと思った頃がありました
最近は、ちょっとしゃべりすぎ・・・口に出す前に、一呼吸、そう言い聞かせている毎日です 
それでも、やっぱり失敗します^^;

「あすなろ」の歌詞を全部見たいなぁと思いながらネットを散歩してましたが、行き着きませんでした。

 人の心を 傷つけずに済む道があるとすれば
 自分がモノ言わぬ 石ころになること

そう思ってしまうこともありますよね。でも石ころになると、それをまた心配してくれる人もいたりします。
人を傷つけるのが人なら、人を癒すのも人なんですね

「税金 宗教 丸儲け」で検索して、このブログにたどり着いた人がいるみたいです。
何を調べようとしたんだろう??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏教青年会 | トップページ | 汚れちまった悲しみに »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ