« 孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる | トップページ | お彼岸の風景1 »

2005年3月16日 (水)

ふつうでいられる事のしあわせ

日々の暮らし。同じことの繰り返しのようで、どうして生きているのか、今のままでいいのか、不安になる人が多いことと思います。
現状に満足できず、いろいろと考えてしまう人もいる。
現状に不満はないが、今のままでいいのか、物足りなさを感じてしまう人もいる。
もしかしたら、誰かと比較して、今のままでいいのか悩んでません?
もしかしたら、誰かに言われて、必要以上に悩んでません?
上昇志向と言えば聞こえはいいけれど、今、ふつうでいられる事にしあわせを感じないなら、上昇したところで、いつまでたっても、しあわせを感じないことでしょう。

「ふつう」って、何? 「しあわせ」って、どういうこと? という疑問もあるかもしれないけど、無理に定義付けする必要もないでしょう。
「ふつうでいられる事のしあわせ」ということばを目にして、どのような境遇であっても、「あぁ、ホントそうだなぁ」と思えるか、「とんでもない」と嘆くか。あなたはどちらの生き方をしてますか?って問われているような気がします。
さぁ、あなたはどちらですか?


« 孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる | トップページ | お彼岸の風景1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる | トップページ | お彼岸の風景1 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ