« 病人になって病気をする | トップページ | 子どもにじかに語るなら、どんな話も子どもに害は及ぼさないでしょう。 »

2005年3月 9日 (水)

人って、つらいときは泣くべきものなんだよ。

「人って、つらいときは泣くべきものなんだよ」(ドラマ「87%」より)

泣くことが恥ずかしいことのように思われているけれど、泣けることってとても大切なことだと思う。

泣ける場所、泣ける相手がいますか?
自分をさらけ出して泣くことができますか?
YESと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

強い人って、我慢できる人・耐えられる人のことではなく、泣くことが出来る人だと思う。

“幸せ”って、ツライ思いをしなくていい状態のことを思い描いていませんか?
でも、ツライ時に泣ける場所がある、泣ける相手がいるということが“幸せ”ということなのかも知れない。

夏川結衣さんと杉田かおるさんの演技を見ていて、もらい泣きしてしまいました。
(この場合の「泣く」は、本文中の「泣く」とは違いますけどね)

« 病人になって病気をする | トップページ | 子どもにじかに語るなら、どんな話も子どもに害は及ぼさないでしょう。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病人になって病気をする | トップページ | 子どもにじかに語るなら、どんな話も子どもに害は及ぼさないでしょう。 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ