« 病気をして心が広くなりました | トップページ | 孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる »

2005年3月14日 (月)

黙って腹にためこめば深刻味を帯びるが、口にすれば喜劇

黙って腹にためこめば深刻味を帯びるが、
口にすればどうしたって喜劇なのだ

(『対岸の彼女』 角野光代)

不満・怒り・寂しい気持ち、口に出したいことはたくさんあるのに、なかなか出せない。
相手との関係がこじれたらまずいから、相手を困らせたくないから、理由はいろいろ。
でも、自分の中にためこむのも限界がある。
涙として表われたり、気力を失ったり、病気になったり。
時には何倍もの怒りとして爆発することもある。これはシャレにならない(うん、ホントにシャレになんないです)。
やはり、言うべきことは口にしたほうがいいのかも。
口にした瞬間、自分の中だけで抱えていたことが、実は「くだらないこと」だったと笑えてくるかも。
人に話すと、いろいろな解決方法が出てきたり、抱えていたことが自分勝手な誤解であったり、話しただけで重荷が軽くなったり。問題そのものの解決には至らなくても、新たな動きが出てくるものです。
それにね、口に出してくれることを、助けを求めてくれることを待っている人がいるかもしれませんよ。自分では誰にもさとられてないつもりでも。腹にためてても、顔や態度に出てくるんですね。

当然、誰にも言ってはいけないこともあるけれど。
この世の中、誰と誰がつながっているか分かりません。あの人は誰ともつながりがないだろうと思って愚痴ったら、身内や友達だったりということもありえますから。コワイコワイ。

« 病気をして心が広くなりました | トップページ | 孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病気をして心が広くなりました | トップページ | 孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ