« 黙って腹にためこめば深刻味を帯びるが、口にすれば喜劇 | トップページ | ふつうでいられる事のしあわせ »

2005年3月15日 (火)

孤独に怯えた日々を いつか懐かしむ時がくる

夢見て夢に破れて 自分のことを
あきらめてゆく それは違う
この世に出口のない 入り口なんて
ありはしないよ

今日は昨日の続きだったけど
明日流れが変わるかも知れないじゃない?
大丈夫孤独に怯えた日々を
いつか懐かしむ時がくる
(さだまさし The Day After Tomorrow〜明後日まで〜)

出口のない入り口はない
やまない雨はない
朝が来ない夜はない

似たフレーズがたくさんありますね。
これらのフレーズって、誰のことばだと思います?
苦境を乗り越えた人、孤独に怯えた日々を懐かしめるようになった人たちのことばだと思うんですよね。
乗り越えたからこそ、このようなことばって生まれてくるんだと思います。
苦しみがあって、それでも明日は流れが変わるかもしれないって信じて。

苦しみの真ん中にいる人に、「出口のない入り口はないよ」って言っても、もしかしたら無責任なセリフかもしれない。
でも、今の私にはそのようにしか言えません。
あなたの苦しみを背負うことも、変わることもできないから。
明日は流れが変わるかもしれない。流れを変えるのはこの私自身。

« 黙って腹にためこめば深刻味を帯びるが、口にすれば喜劇 | トップページ | ふつうでいられる事のしあわせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黙って腹にためこめば深刻味を帯びるが、口にすれば喜劇 | トップページ | ふつうでいられる事のしあわせ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ