« 人がつらい時に励ませる私でありたい。 | トップページ | 2005年3月のことば »

2005年2月20日 (日)

重杯のよし、言語道断・・・

昨晩は珍しく、家でひとり、お酒を飲んでいました。
デパ地下でおいしそうなネギチャーシューを買ってきたので、ちょっと一杯のつもりで焼酎を飲んでいました(弱いくせに、飲みたがる)。
まぁ、一杯で終わるわけが無く、気付いたときには、前日に買ったばかりの焼酎「黒甕」を一本空けてしまいました。
えっ、いつの間に!! Σ( ̄ロ ̄lll) 
今朝の惨状はご想像にお任せします。☆.。.:*・°☆.。.:*・°
でも、ちゃんとお朝事(読経)は勤めましたよ(当たり前!!)。
頭がクラクラする中で聞こえてきたのが、住職が拝読する「御文」第4帖第8通。

一 坊主分の人、ちかごろはことのほか重杯のよし、そのきこえあり。言語道断しかるべからざる次第なり。あながちに、酒をのむ人を停止せよというにはあらず。仏法につけ、門徒につけ、重杯なれば、かならず、ややもすれば酔狂のみ出来せしむるあいだ、しかるべからず。さあらんときは、坊主分は停止せられても、まことに興隆仏法ともいいつべきか。しからずは、一盞(いっさん)にてもしかるべきか。これも仏法にこころざしのうすきによりてのことなれば、これをとどまらざるも道理か。ふかく思案あるべきものなり。

「飲むのは仕方ないけど、飲みすぎはいけません。もしお酒をやめられないのならば、それはあなたの、仏法に対する志の無さの表われですよ」
アイタタタ・・・。頭も痛いけど、心も痛い。痛いのは、本当の自分を突かれているから。
「御文」は繰り読み(第1帖第1通から順番に拝読)しているので、今朝この「御文」が拝読されたのは偶然だけど、正に私のために読まれたのですね。ナムナム。

仏法って、自分が置かれている状況にヒットしたときに、染み入ってくるものなんですよね。そのためには、聞き続けることが大切。普段は分からないなぁと思いながらでも、聞いているだけでいいんです。ある時、スッと私の中に浸透する時が来ますから。(っていうことを、こういう例えで言っても、緊張感がないですね)

ちなみに、今日は飲みません(飲めません)でした。

(注)「御文(おふみ)」・・・蓮如上人(本願寺8世)がご門徒に書かれたお手紙。真宗の教えが分かりやすく書かれている。

« 人がつらい時に励ませる私でありたい。 | トップページ | 2005年3月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人がつらい時に励ませる私でありたい。 | トップページ | 2005年3月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ