2017年4月29日 (土)

ろくでもない

自民党議員の相次ぐ失言・暴言。
自民党・伊吹文明議員が、所属する二階派の総会で、政治家として発言の際に気をつけることを「6つの“た”」で述べたとのこと。

立場をわきまえること。
正しいと思っていることを話す時、
多人数の場で話す時、
旅先で話す時、
他人の批判をする時、
例え話をする時、
この6つの“た”を念頭にものを語れば、おかしなことにはならないはずだ、と。

なるほど上手いことを言うものだと思いました(←感心しないように!!)
しかしその訓示(?)って、「本心はどうであろうとも」ということが前提にありませんか?
「本心はどうであろうとも、この6つを心がけて ちょっと考えれば、していい発言か、NGな発言か判断できるだろ?」と、言っているように聞こえます。
「私たちは誰のために、何のために、どこのために議員をやっているのですか?」と、問いかけるのが年長者としての貫禄ではないでしょうか?

国会議員の失言・暴言・迷言があるたびに、謝罪がありますが、私は謝罪をする必要はないと思っています。
「あぁ、この人はそういう考え方をする人なんだ」ということが分かって、リトマス試験紙になります。失言・暴言・迷言のたびに、鬼の首を取ったかのように迫るのは、その人(議員さん)の内面を見えなくしてしまいます。だから、伊吹議員の「当たり障りのないような発言をするように」というような訓示(?)が出てくるのでしょう。

「謝罪の必要がない」と書きましたが、やらされてする謝罪は聞きたくないという意味です。
本当に反省して、どこが何が間違っていて、その発言で誰を傷つけ、自分が悪かったという想いが語られてこそ謝罪でしょう。
「俺のどこが悪いんだ、俺が何を間違ってるというんだannoy」って想いを表情に出しながら謝罪されても、それは謝罪とは言えません。

あ、それからSNS上だけで謝罪するのもやめてください。

2017年4月28日 (金)

「生まれ出でよう」という願いは、根本の願い。本願である。

ある新聞の人生相談に、妊婦さんの相談(というか愚痴・怒り)が載っていました。
ご法事に参列した折り、親戚からお腹の子に向かって、「おじいちゃんの生まれ変わりかも」と言われたり、手を合わせて拝まれたりした。無事出産できるかどうかで神経を使っている中、無神経な親類の態度に気持ちの持って行きようがないとのこと。親類とは普段から良いお付き合いをされているそうで、冗談でやったことだというのは分かっているんだけど、それにしても嫌な気分にさせられたとのことです。

私が相談されたわけではないので、私が何かしら答えるのもおかしい話ですが、ちょっとひと言。
「お腹の中の子に手を合わされた・お経を読まれた」らしく、それが腹が立ったそうです。世間的な表現をすれば、「縁起でもない」と思ったことでしょう。
でも、手を合わせることも、お経を読むことも、お経そのものの、死者・亡き人の供養のためのものではありません。どちらかといえば、迷いを生きている私自身に向けてのものです。教えに出遇えよと、お腹の中の子が、母に、父に、親戚に訴えているのでしょう。その子がいることによって、親戚は手を合わせたのですから。

お釈迦さまが、お母様のお腹の中にいるとき、両親は仙人に頼みました。「この子は将来どのような子になるであろう?どうかそれを教えておくれ」と。
すると仙人は、涙をこぼし始めました。驚いた父王が涙の理由を尋ねると、「この子は将来、修行者となり、さとりを得て、人びとを救いに導くお方となります。しかし、その頃には私の寿命は尽きていて、教えを聞くことができません。それゆえに泣いているのです」と答えました。
息子に王位を譲りたい父王・お妃としては、息子に出家されては困ってしまいます。それゆえ、修行者になろうなどという気を起こさせないように、すべてに満ち足りた生活を用意するわけです・・・。

お腹の中の子を通して、母も、父も、周りの人びとも将来を思い描きます。夢を託すというのは親の都合だけど、
どうかこの子が生きる世の中は平穏な世の中であってほしいと願います。そのためには、努力をしなければいけません。子を通して感じる他力に包まれ、先を生きる私は自力を思い切り尽くせます。「生きる」ことと向き合います。お釈迦さまという特定・特別の子のお話しではなく、子を通して、真面目に「いのち」と向き合います。
手を合わせるのは、お子さんからの願いだったのでしょう。お子さんもまた、「生まれ出でたい!!」という願いがあって、両親の出会いと重なったからこそ、「いのち」をいただきました。
お子さんを通して、私たちは呼び声を聞くご縁をいただきました。
「縁起でもない」ことではなくて、「縁起あればこそ」です。
南無阿弥陀仏

2017年4月27日 (木)

郷(居場所)に生きる

今村復興大臣が辞任し(更迭され)ましたが、個人的感情としては、議員辞職してほしいくらいです。
しかし、気に食わぬヒトを責めるだけならば、そこからは何も生まれません。
親鸞聖人は、世の中の様々な出来事を通して「自己を見つめよ」ということを言われた方だと思います。
今村復興相は、東日本大震災の被災者・犠牲者の方々が見えていませんでした。でなければ、更迭に至るまでの酷い発言が出るはずがありません。
人間が、いのちが見えていない・・・というところに私を置いたならば、私も見えていない人間が、いのちがたくさんあります。にもかかわらず、私に見えていなかったいのちのおかげで、今、私は生きています。
私は、ご縁をいただいて、私となりました。ご縁をくださった方々がいなければ私はいません。
そんな関係を、私も、目の前の方も生きています。
ひとり一人が、そのような身の事実を感じながら、いのちを尽くしたいものです。
被災された方々は、生きるうえでの郷(居場所)に出遇われた方々です。根っ子がしっかりあります。「故郷を捨てるのは簡単」と言えてしまう人は、自身に故郷を感じていないヒトです。根っ子がないのです。浮き草のごとく漂っているゆえに、つかまる所(権力)が見つかると、そこに執着します。大地に根付いているいのちを、羨ましく感じているのかもしれません(当人にそんな自覚はありませんが)。

2017年4月26日 (水)

夢うつつ

Dsc_0315

仏教は
都合よく生きられたら幸せだという
夢から覚める教えです

2017年4月25日 (火)

2017 親鸞聖人につどう 東京教区同朋大会

先日お知らせした東京五組の同朋大会もおかげさまで賑やかに開催されました。皆様ありがとうございます。
続きまして、東京教区同朋大会が2017年5月2日(火)に開催されます。

日時:5月2日(火) 12:00より受付 13:00開会 16:00閉会
会場:文京シビックホール(文京区春日1-16-21)
講師:中島岳志先生(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)
講題:となりの親鸞
参加費:1,000円

 memo

同朋大会チーフを務めさせていただいています。以下、呼びかけの文章です。

本年の同朋大会の講演は、中島岳志先生(東京工業大学教授)にお願い致しました。
阪神淡路大震災と、同じ年に起きたオウムサリン事件。1995年に発生した出来事を契機として、中島先生は研究者としての歩みを踏み出されました。
下記抄出した文章で、倒壊した家屋から位牌を探す女性のことが書かれています。「位牌」とは、私のこころを満たす物質的な何かではなく、混迷した世の中において、私の存在を丸ごと受け止めてくれる何かを求めている。そのことの象徴のように感じました。私の存在を受け止めてくれる何かを求めている、つまり、拠り処を見失っている私です。中島先生も、自分の存在意義を求めて生きる私の姿を「トポス(居場所)の喪失」と表現して、問題に向き合われています。
先生の書物を読んでいると、ご自身の生活体験を通して、そのときに出遇った「バラバラでいっしょ」「今、いのちがあなたを生きている」などの御遠忌テーマのいただきが、自分の言葉で語られています。親鸞聖人の教えの中に大事な何かを見出しておられる中島先生の話を伺いたいと思い、今年度教区同朋大会のお話をお願い致しました。
「親鸞聖人という方は、教えを分かったつもりになっている者には厳しく、分からないと落ち込んでいる人には優しく寄り添われる方ですね」と先生は言われます。その想いがこもった「となりの親鸞」という講題をいただきました。
今年度の東京教区同朋大会は、5月2日(火)文京シビックホールにて開催致します。ぜひお出かけください。
東京教区教化委員会 同朋大会企画会一同(チーフ 白山勝久)

 book

1995年に発生した阪神淡路大震災。20歳のときでした。大阪の自宅が被災しました。茫然自失状態にある中、地震から数日経ったテレビの中継に釘付けになりました。長田地区で、倒壊した家屋から必死で何かを探している女性が映し出されました。「何をお探しですか?」と問うレポーターに対し、「位牌です」と彼女は答えました。そのとき、私の中で地震以上の精神的な揺れが起りました。私が、地震がおさまった直後に探しだして手に握りしめたのは財布でした。私は、自分の精神的な〈弱さ〉に直面することになりました。バブルが崩壊し、戦後日本の「成長」物語が崩壊する中、何に依拠して生きていけばいいのか。震災を通して、茫漠たる不安を突きつけられました。私は「位牌です」と答えた女性を直視し、私の中の「空白」と向き合おうと考えました。これが宗教との出会いでした。
(『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』(集英社新書)「はじめに」より抄出)

 memo

Img375

Img376

2017年4月24日 (月)

私は、あなたの成長を想い続けています

「2017年4月23日(日)兵庫県伊丹市のマンションの一室で、40歳の父親と4歳の長女が死亡いているのが見つかった」と、夕方のニュースで報道していました。
長女の両親は離婚し、母親と暮らしていたそうです。4月23日は、父親との初めての面会日。そして、事件が起きました。

つらく悲しいニュースです。
離婚の背景は分かりません。
どうして父親が娘に手をかけて自死したのか、その理由も分かりません。
離婚の理由は、離婚した夫婦の数だけあります。
父親がしたことの理由も、想像はできても、当人の気持ちを知る術はありません。

何事にも、理由はさまざまあり、当人・当事者にしか分からないこと。仮にすべて理由を聞くことができたとしても、「子どもがいるのに、どうして離婚するの!?」なんて言う人も多い。
離婚は、悩んだ末のことでしょう。父親との面会も、母親にしてみれば苦渋の決断だったかもしれない。本当は嫌だったかもしれないし、会わせたい気持ちもあったかもしれない。
本当に、理由は当人にしか分からないのです。だからこそ、当人どうしで話し合う必要があるのだけれど、DVともなれば、話し合いなんてしてもいられない状況もある。そこに、一見正論な法で人びとの生活を縛ろうとする動きがあることに、はらわたが煮えくりかえる。

ニュースを聞いて、2017年4月12日(水)「東京新聞」朝刊「本音のコラム」を思い出しました。

親子断絶防止法の罠 斎藤美奈子

子どものいる夫婦の関係がこじれたとする。話し合いによる円満離婚が難しい場合、考えられるパターンは4つある。
 ①妻がひとりで出ていく。
 ②夫がひとりで出ていく。
 ③妻が子どもを連れて出ていく。
 ④夫が子どもを連れて出ていく。
①②はいわば「家族を捨てる」わけだから「ほかに好きな人ができたんです」というケースが多いかもしれない。
③はありがち。とりわけ妻が夫の暴力から逃れたい場合、これ以外の選択肢はないともいえる。
④はあまり多くない気がする。子どもは母親に任せておけばいいと考える父親は多いし、男性にとって子どもは仕事の足手まといだしね。
 「親子断絶防止法」をご存知だろうか。他の重要法案といっしょに今国会に提出が予定されている法案で、離婚して別々に暮らす親子の面会交流を促すのが主な目的という。離婚後の親権者は8割が母親。子どもと会えない父親からの訴えが増えているためらしい。つまり想定されているのは③のケースだ。「勝手に出ていったくせに子どもに会わせないとは何事だ」って話ですよね。
 一見正当な主張だが、法案を推進する馳浩衆院議員は「黙って子どもを連れて出て行くケースがあるが、それは基本的にはいけない」と語っている。結局は夫のための法案か。本当の目的は同居の強制かも。(文芸評論家)

斎藤美奈子さんのことばは、男性には耳が痛いこともありますが、でも的確です。目をそらしてはいけないことを、ズバリと言ってくださいます。
戦争法や共謀罪ばかりに意識が行ってしまいますが、家庭のこと・学校教育のこと・仕事環境のことに、政府は口を突っ込みすぎだと感じています。一見筋が通っているようなことを言っているけれど、実は全然人びとの生活が見えていないことを言っているのだから、私たちの生活は、政府が良いように作った法律に縛られてしまいます。
子どものためを想っているのか、自分第一で物事を主張しているのか。子どものことを想うなら、面会を求めるばかりではなく、影ながら子どもの成長を想うことも、たとえ離婚しても、父親としての努めです(もちろん、いろいろな状況がありますから、一概に言えることではありませんが)。

2017年4月23日 (日)

「私は悪人でした」と、言えるうちは、まだ悪の自覚がないのかもしれません

自分で気づける悪は、大したことはない。
自分で気づかないでしている悪こそ、大きい。
和田稠(わだ・しげし)先生

2017年4月22日 (土)

人間の愚かさは

人間の愚かさは、答えを知ったところにある。
高橋法信先生(東京五組同朋大会にて)

2017年4月21日 (金)

「汚れてるなぁ」という反省があって、「きれいになった」と感じられる

美しさって、始めから美しかったら、それを「美しいsign01」とは思わない(思えない)はずで、
汚れていた、散らかっていた、どうしようもなかった状態を知っているからこそ、
「あぁ、美しくなったなぁsign03」って想いが、感動が湧くんじゃないかなぁ・・・

過去の過ちをなかったことにして、
過去の出来事を、後世の人間が知ることを出来ない状態にして、
美しい国なんて、どうして言えるのだろう?

「美しい国(うつくしいくに)」
逆から読むと、
「にくいしくつう(憎いし苦痛)」
(同じネタを何度も使ってすみませんhappy01

2017年4月20日 (木)

東京5組 同朋大会 2017

sunおはようございますsun
ようやく暖かくなりましたね。
でも、昨日は日が沈んでからは寒かったですねtyphoon
お風邪召されていませんか? 天候不順の折、おからだご自愛ください。

さて、法話会のご案内です
2017年4月22日(土) 「東京5組同朋大会」が東京都練馬区にあります「真宗会館」にて開催されます。

日時:4月22日(土) 13:00より受付 13:30開会 17:00閉会
会場:真宗会館(練馬区谷原1-3-7)
講師:高橋法信先生(大阪市生野区 光徳寺住職)
会費:1,000円

お話しの他に、「東京5組坊守会によるコーラス」「東京5組 旧役員御礼・新役員紹介」がございます。
当日参加もできます。
真宗会館でお待ちしています。

Img372_2

2017年4月19日 (水)

見返りなんか求めてなかったはず。だって、もうもらってるんだから🎵

小学校の保護者会の会長が、児童の死体遺棄の疑いで逮捕されました。
その事件を受けて、今まで自主的に児童の見守りを続けてきた方、保護者会の役職に就かれた方が苦悩しています。
「自分も疑われるのではないか」「児童が挨拶をしてくれなくなった」「保護者会への風当たりが強くなる」…
自分がしてきたことを根底から覆されたのですから、苦悩・不安は当然です。
でも、子どもたちの安全を願って、子どもたちの未来を想って始められたこととお察します。
やはり、あなたがいてくださらないと、子どもたちは不安です。あなたがいてくれるから、安心です。
なによりも、子どもたちの笑顔から生きる元気をもらっていたのが私ではありませんか?
そんなに頑張らなくてもいいから、自らの行動に根を張りましょう✨

2017年4月18日 (火)

抑止力という暴力

北朝鮮が弾道ミサイルを飛ばすんじゃないか?とか核爆弾持ってるんじゃないか?とか、騒がしくなってきました。
今朝の番組で、日本で、シェルターが売れ始めているなんてことも言ってました。
核を持つことを「抑止力」と言います。使うつもりはないけれど、持っていれば敵国も下手なことはしてこないだろう、と。
北朝鮮にしてみても、「抑止力」として威勢を張っているのだと思う。しかし、現在(いま)近隣諸国やアメリカは、北朝鮮が何をしてくるか分からないと、危険な臭いを感じている。そんな状況になって初めて「抑止力」という「力」も、かなり力を持っているのだな、と感じている人もいるのではないだろうか。
でも、考えてみれば、日本もアメリカの核の傘に守られていて、原発を有するということは、(政府は否定するけれど)核を何らかに利用できる技術を有するということ。つまり、日本も核の「抑止力」という「力」を振りかざしてきたということ。いま、日本に住む人びとが感じている脅威・恐怖を、周りの人びとに感じさせてきたのかもしれない。
いま 私が感じている想いを、あなたに強いてきたのですね。
✏️
実際、核爆弾爆発させたら、その被害は甚大。自分の国にも降りかかってきますよ。
シェルターに入ったら、その後どんなタイミングで出るのだろう?と、いつも考えます。そんなときには、周りに誰もいないわけですよね(シェルターで避難できた人以外は)。
みんな、つながっているのに…

2017年4月17日 (月)

対話とは、相手との距離を無くすことではなく、相手との距離を知ること。痛みを無くすことではなく、痛みを感じること。

 book

「東京新聞」2017年4月17日(月) 本音のコラム

精神福祉法改正 宮子あずさ(看護師)

 昨年相模原市の施設で起きた障がい者殺傷事件を受けて、政府は措置入院後の患者の継続支援に警察が関わる、精神保健福祉改正案を国会に提出。医療よりも治安を優先する姿勢に、多くの当事者、医療者から反対意見が表明されている。
 そもそも実行犯の男性の精神状態については不明な点が多い。一方で、障がい者の生存を否定する言動を繰り返し、強い差別意識が確実に存在する。あの事件は障がい者に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)と見るのが妥当であろう。
 にもかかわらず、政府は徹頭徹尾この事実から目を背けてきた。トップに立つ安倍首相は決して実行犯の差別意識を糾弾しない。それどころか精神疾患に原因を矮小化し、新たな差別すら生み出そうとしている。
 しかし、今の政権が好まれるのは、この矮小化のうまさにもあるのだろう。事件の原因を差別意識に求めれば、自らの意識を問わねばならない。誰にも障がいを否定的に捉える価値観はある。それを問い直す作業には痛みを伴う。原因を精神疾患、それも措置入院の問題とすれば、私たちは自らを問わなくて良い。
 常に問題の原因を外部に求め、人のせいにしたい人間の弱さに迎合する。シンゾーとドナルドはそんな政治家の筆頭に挙がる。問題の本質を見誤らないように、私たちは勇気を持たなければならない。

 book

「朝日新聞」2017年4月17日(月) 折々のことば(鷲田 清一)

理解し合えるはずだという前提に立つと、少しでも理解し合えないことがあった時に、事態はうまくいかなくなる。
『ラブ&ポップ』 村上龍

 対話は、他人と同じ考え、同じ気持ちになるためになされると考えると、いずれかが理解を断念したとき、対話は閉じられる。理解できなくてあたりまえ、むしろ語りあえば語りあうほど相手と自分との違いがより微細に見えてくる。それを対話だと考えれば、理解し合えずとも共にいられる場所は少し広がる。
鷲田清一

 pencil

私は、自分と価値観を異にする者・自分の想いを超える者に対して、警戒感や拒否感を抱いてしまう。
しかし、精神疾患を患っている方は、自身が苦しい思いをされている。他者を傷つけるつもりはない。
にもかかわらず、奇異の目で見てしまう(見られてしまう)。
価値観を異にする者・自分の想いを超える者に対処するには、遠ざけておいたり、強い権力で縛り付けてしまえばいい。そんな解決法を選んでしまう。相手から見れば、私こそ価値観を異にする者であり、自分の想いとは違うところで生きている者なのに。
自分を見つめることには苦痛を伴う。相手を非難してやりすごせば、痛みは伴わない。そんな私の姿を背景に、精神保健福祉改正案が提出され、数の力で通ってしまうだろう。
「他者(ひと)のせいにするのではなく、私を問い直す」。そんな当たり前のことを、よく表現してくださいました。と、「東京新聞」で宮子さんのコラムを読んだ後、「朝日新聞」を読んでいたら、鷲田先生のコラム(折々のことば)に村上龍さんの文章が。
人と人は、理解し合って関係を築くのではなく、理解し合えないところに立って関係を築いていくものではないだろうか。

2017年4月16日 (日)

男疾 男石(しっと)

「女の嫉妬はかわいいものです。それよりも、男性の嫉妬の方が怖いです。男どうしの嫉妬は、国をも亡ぼしますから。“嫉妬”という漢字、女偏にしないでほしいですね」(小池百合子東京都知事)

なぜか今になって、民進党が共産党との野党共闘路線に進んでいることに反対し、党を離党した方。

なぜか今、党の代表代行という役職にありながら、党執行部の憲法改正に関する姿勢に不満があるからと、役職を辞した方。要職にあるからといってすべて意見が聞き入れられるわけではないけれど、代表代行というポジションは、言うべき事を言って話し合う務め(努め)があるのではないだろうか。

どうも、自分が所属する党の代表が女性ということが受け入れがたいがゆえに、今、党を離れたり、役職を辞したりしているようにしか見えないのですが・・・

男の嫉妬は「男疾 男石」・・・不格好ですね。

2017年4月15日 (土)

その場にいてくれるだけで、私は力を尽くすことが出来ます

先日、鷲田清一先生の式辞を投稿しました。
それから、鷲田先生のことばを拾っていたら、2011年3月25日、つまり東日本大震災直後の、大阪大学卒業式での式辞に出遇いました。読んでいただきたい文章でした。

«4月14日

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ